FC2ブログ

心、魂、身体のこと。一人ひとりの無限の可能性、役割や命の輝き、素晴らしさを見つめていきたいと思います。皆さんのたくさんの願いが叶っていきますように。

京都御所・猿が辻

9月5日、京都御所と周辺神社へ御参拝させて頂きました。土曜日のため京都御所は中には入れませんでしたが(一般公開期間以外は、基本的に平日のみ参観可です。事前に要予約)、今回の目的地は壁の外にあるので問題ありませんでした^^

その場所とは、東北鬼門の猿が辻です。こちらの図→京都御所施設概要図でも分かるように、東北の角は内側に折り込まれ鬼門封じが施されています。

何故この場所に出向くこととなったのか、今となっては覚えていません(^^; 
ただ烏丸近辺のお花屋さんを探しているうちに、強くこちらへ導かれることとなりました。もっとも当初の予定では、8月に御参拝した、下鴨神社御祭神の玉依姫命様が同じく祀られている別の神社に参拝する予定だったのですが。


ここが、鬼門封じを施された猿が辻です。

Kyoto gosho sarugatsuji


また、猿が辻の屋根裏に一匹の木彫りの猿が安置されています。
この猿は鬼門を守る日吉山王神社の使者と言われています。

sarugatsuji kimon fuji

この鬼門封じを始め、平安京を徹底した風水都市に仕立てたのが第50代桓武天皇でした。最初は「何故に京都御所?」と首をかしげましたが、ここは下鴨神社と共に近畿五芒星(レイライン)の中心を南北に貫く「御神島=熊野本宮ライン」上であることを、この前日に知ったのです。

このライン上御所の真北には、650万年前の太古に人類救済のため金星より降り立ったと伝えられるサナート・クマラを祀る鞍馬寺が、そして水の神様を祀る貴船神社があり、南には平安神宮、八坂神社、奈良まで南下すると唐招提寺など数々の寺社がこのライン上に建ち並びます。また御所の東西にもいくつか神社が配置されています。

続きを読む

続・石山寺 ~水、そして月と石

この記事から続きです。

多宝塔(国宝)です。
私は上手く撮れなかったので父から画像を拝借いたしました^^;これは日本最古の木造多宝塔で、中には大日如来様が安置されています。「多くの宝」・・・この名称が有り難く耳に響きます。そしてこの風景!これから葉が色づいてくるとますます絶景でしょうね♪

多宝塔の下、石山寺の名前の由来でもある天然記念物の珪灰石も見事でした。石のくぼみというくぼみに一円玉が挟み込まれていました。

Tahou-tower


心経堂です。花山法皇西國三十三所復興一千年記念行事の一環として建立されたお堂で、朱の色が目にも鮮やかです。

Shinkyou-dou


あと印象深い場所としては月見亭がありました。瀬田川を見下ろす高台からせり出すように建てられた月を愛でた場所です。その当時は当然ながら周囲に建物もなく、瀬田川と琵琶湖の上空に輝く月。そして静かな水面に落ち映る月。ただそれだけの贅沢な空間だったのだと想像します。この月見亭、ここで紫式部が月を見上げた!?と一瞬色めきましたが違いました。残念ながら^^;

続きを読む

石山寺 ~水、そして月と石

9月6日の石山寺への参詣は思いがけない偶然から始まりました。
京都駅に置かれていた「石山寺御本尊 如意輪観世音菩薩御開扉」のちらし。7年ぶりの秘仏御開扉という文字が目に飛び込み参詣を即決しました。「7年ぶり」「御開扉」・・・レア性に弱い私なんです^^;; 実は石山寺が瀬田川のほとりで、私が京都に移るまで住んでいた近くとは直前までまったく知らず、「行きたかった滋賀県」が早速叶いました(隣の県ですけどね。まぁでも現在は千葉県在住なので)。次は伊吹山ですね♪

豊潤な水を讃える瀬田川。瀬織津比売命(せおりつひめのみこと)様の威厳あるエネルギーを感じました。この神様についてもこれから勉強ですが、水や清め、祓いだけの神様ではないと思います。陽のエネルギーも併せもった神様であらせられるように感じました。

Seta river


この川を左手に見ながら参道を道なりに進んで行くと、東大門(重要文化財)が見えて来ました。仁王様がこのお寺の全域を護っていらっしゃいます。

Todai mon


萩の花はまだ咲き始めたばかりでした。花言葉は「過去の思い出」「前向きな恋」「物思い」、ネガティブな意味として「あなたを恨みます」。後者の意味にはドキっとしますが、和歌にはつれない相手への恨み節や切ない思いもたくさん詠まれています。さすが紫式部と源氏物語の世界にふさわしい一帯でした。

Hagi flowers


若宮・・・ふと気になり手を合わさせて頂いた御宮がありました。ここは天智天皇第一皇子、壬申の乱のこの地(瀬田)の決戦で敗れ自害したと伝えられる悲劇の皇子、大友皇子の御霊が供養され続けてきた場所でした。

Wakamiya


写真が増えると閲覧が重くなると思われます。続編に繋げます。


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました☆

皆さんにとって今日の一日も、かけがえのない時間でありますように^^

山城国一宮・下鴨神社 

8月15日、16日と京都に帰省。下鴨神社と京都市美術館までルーブル美術館展~17世紀ヨーロッパ展~に足を運びました。先日も少し書いたように、本当に急遽決めたこの帰省。しかし予想外に多くを経験できた2日間でした。8月15日、終戦記念日。この日を忘れないでいたいのは、どれだけ多くの方々が祖国の未来へ、愛する人へ祈りを込めて下さったかを感じるからです。この日の夜に放映された「硫黄島からの手紙」のラスト、手紙のシーンが正しくそれだと胸が詰まりました。

下鴨神社は、タイトルにもある通り「山城国一宮」として京都を守護して(当時は平安京なので、国もしくは王城の守護神)下さっている神社で、世界文化遺産でもあります。もともとは、御祭神のお一人である玉依媛命(たまよりひめのみこと)様に参拝させて頂きたくこの神社を訪れるに至ったのですが、もうお一方である賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)様の御神徳が世界平和、五穀豊穣、殖産興業、身体病難解除、導びきの神として方除、厄除け、入学、就職の試験などの合格、交通、旅行、操業の安全等(下鴨神社HPより抜粋)と知り、この日伺うことができ本当に良かったと思いました。


この奥に東西の本殿(国宝)があります。

Shimogamo shrine honden



出雲出於(いずもいのへの)神社の御社(重要文化財)です。
御祭神は建速須佐之男命(タケハヤスサノオノミコト)様。下鴨神社の敷地内にはこのように他の御祭神を祀る式内社がいくつかあり、これもその一つでした。御由緒は下記の通りです(御社前の立て看板記述より抜粋)。

izumono shrine

【「延喜式」に「出雲出於神社」とある神社で、「日本書記」神武天皇二年の条りに「葛野主殿県主部」(くずのとのもりのあがたぬしべ)とある氏族が祖神として奉斎した社である。この県主部は山代北部に勢力と持ち、鴨氏と同じ祖系で、「神亀三年(七二六)、山背国愛宕郡出雲郷雲上、雲下里計帳(正倉院文書)」で知られる氏族である。大宝令(七〇〇)以降、山代国葛野郡は四つに分割され、鴨川の西方より東山までの地域が愛宕郡となり、鴨側の東岸がたて(? 読めず)倉郷、西岸が出雲郷となった。「出於」とは、川のほとりのことで、出雲郷の川のほとりに坐す社の意である。】


続きを読む

山科神社 ~連鎖の終わり

先日京都へ帰ったとき、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)とその息子、稚武王(ワカタケノミコト)を御祀りする山科神社に行って参りました。そう言えば小学校の頃は、親戚が集まるたびに、ここで従兄弟達と良く遊んだものです。この山科神社、大石内蔵助ゆかりの大石神社とは徒歩10分ほどの距離にありますが、通常は無人の神社です。

この鳥居をくぐり、本殿までは山深い急坂を上って行きます。徒歩ではかなり苦しい急坂です。でも子供の頃は、ここをハツラツと駆け上がれたんだよなぁ。大人になって来てみると、すべてが静かに、ただ静かに流れる時間でした。

Torii of Yamashina Shrine


宇多天皇の勅命により創建と由緒板にあります。こちらも興福寺同様、藤原氏と縁がある神社なんですね。宇多天皇の女御、藤原胤子は、宮道(同じく由緒板にある宮道氏と関連があるのでしょう。)弥益の娘と藤原高藤との間にできた娘です。宇多天皇と胤子との第一皇子が次代・醍醐天皇と、系譜は繋がっていきます。

History of Yamashina Shrine


本殿は数年前に色が塗り直されました。
室町時代後期造営の可能性があるそうです。また京都市指定有形文化財に指定されています。

Hondo of Yamashina Shrine


この場所からさほど遠くないところに、大石内蔵助が主君仇討ちの大願を祈願した祠があると聞き、ここから山道を上がろうとしたら、大きな熊蜂に遭遇しあえなく挫折><
数え切れないほどの光のシャワーを頂きました。ありがたいことでした。

Light Lines

御祭神、日本武尊様。

その力ゆえに父帝から疎まれた孤独。その美しさゆえに多くの女性から愛されても、そこでも待っていた喪失の悲しみ。終ぞ心が満たされることはなかったのかもしれません。国の平定のため、豊かな日本のために旅と戦を重ね、ついに異郷の地で果てたとき、その胸に去来した想いは何だったのでしょうか。

それからあなたは白い鳥(平和の象徴)となり、傷ついた身体と心はそのままに、この国のために祈り続けて下さったのですね。
ありがとうございます。。。今、守護御剣があなたの許に戻ります。


今日も最後まで読んで下さって、ありがとうございます☆

今日も皆さんにとって、楽しく健やかな一日でありますように。


プロフィール

joyce (ジョイス)

Author:joyce (ジョイス)
人間が生きる、、もっとも自然な姿とはどういうことなのだろう・・・と考え続けています。

私たちは大宇宙、大自然が紡ぐ生の営みの一つ。元来、全てに調和し、生かされている存在。

自身の人生を切り開く力を備えている一方で、数々の恩恵や成長の機会を受け取ることも出来る存在です。

自分の価値を知り、人生を肯定できるよう、皆さんの内にあるストレングス(強さや資質、天分)と弱さ・・光と影ををご一緒に見つめていきましょう。そう、見つめ、慈しむだけで良いのです。そこに価値を置く必要もなく、そこを生きる頼りにしなくても。

知るだけで、そして、湧き出る感情を感じるだけで。これは、とても自主的な行為です。

今を生きる中で感じる義務や、悲しみ、憤り、責任や使命を手放して尚、一人一人の存在は、ただそれだけで静かに輝いています。それでも運ばれていき、体験を余儀なくされることには、私たちは恐らく抗いません(葛藤がありません)。

補足すると、義務や悲しみに「仕立てた」想念が身体や心に残っています。悲しいけど、その方が楽など、自分が手放さないのです。手放しとはその部分、その範疇をいいます。やはり、それぞれに、すべきことは厳然としてある筈です。

そしてその先へ。癒しのその先へ。
自分を表現していきましょう。勝手に表現されていくことにもOKを出しましょう。
私たちは潜在意識が殆どを占める生き物です。認識しない意図があっても当然で、それを信頼することにより、自ら決定することとの相乗で、次のステージへと運ばれていきます。でも、これは違う!?と思ってもいいのです。

表現とは、この現実世界に自分の存在をさらけ出し、他者や社会による知覚、分析や評価の対象となることです。もちろんそこには、賛辞や好意も含みます。自分の殻の中で、自己満足で終わることとは異なります。

(実際的なアーティストになろう!でなく、恐れず全身で自分でいよう!というのが近いです。ただ、さじ加減は必要ですね。爆発的に、暴力的に、自分を押し付けるのはまた違うので。でも失敗を恐れずに!)

他者や社会に自分を開くと、予期しないことも、より起こっていくでしょう。喜び、神秘、驚き、楽しさ、悲しみ、厳しさも、より体験するでしょう。でも、自らの感情や記憶に左右されず、怖れとプライドを手放して、これらの感動に、可能な限りオープンでありたいものです。

尽きることない、呆れるほど豊かな学びがそこにあります。例え今世が、十字架を背負い続ける人生であったとしても。。

それが愛=天意(あい)で、生かされし魂として、神聖なる計画に沿うことじゃないかと思います。でも、真に大切なのは、私たちはどのようにも選んでいいのです。自分で考え、決め、その自覚を持つこと、人のせいにしないことです。

今日は、ご訪問ありがとうございます。お時間ありましたら、ゆっくり遊んで行って下さいね^^

どこまでも自分に正直に忠実に。
Be dutiful
それがその人だけが持つ美しさと輝き・・・Beautiful 

京都府京都市在住
1968年12月12日生

youtube
1日1クリックお願いします
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
ライブラリー
リンク ( Blog & HP)
このブログをリンクに追加する
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
Recommended Books
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2232位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
357位
アクセスランキングを見る>>