心、魂、身体のこと。一人ひとりの無限の可能性、役割や命の輝き、素晴らしさを見つめていきたいと思います。皆さんのたくさんの願いが叶っていきますように。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の中の男性性

去る6月21日は父の日でしたね。皆さんは何かプレゼントなどされましたか?私は父に何かを贈りだしたのは、ここ数年です^^; 母の日はお花という定番もありますが、父の日って、ちょっと迷いませんか?(汗) 今年はパタゴニアの帽子を贈りました。パタゴニアは環境保護活動にも大変力を注いでおり、紙・ビニール製の包装は一切行ってないそうです。私がこの帽子を買ったときも、ビニール製の袋はデポジットで、袋をお店に戻したらお金を返却する、というシステムをご説明頂きました。ここまで徹底しているところは初めて。感動しました。

写真のように、包装は布袋と布リボンで。洋服を作るときに出る余り布の活用です。ビニール製の袋は頂かず、このままバッグに入れて、持って帰りました。

Patagonia gift

お店の中に一歩踏み入れたとき、まろやかでクリーン、生命力あふれる素朴な空気を感じたのも、これで納得。このような徹底したポリシーから生まれた波動だったんだ。。そして、買い物をしている間中、この空気が優しく私を包んでくれていました。

夏のちょっとしたパーティに着ていけるような、花柄のチュニック形長袖ブラウスなど、街で着るデザインもたくさんありました(これとスリムなパンツを合わせると素敵)。素材はオーガニックコットン。またまた嬉しい出会いがありました^^

イメージとして浮かんだのは、未開の地、手付かずの自然。そして、大きな川の中央を、これまた大きな木の幹がどんぶらこ、と(そう!まるで桃太郎の桃のように^^;)流れていく様子が浮かびました。太陽の明るい光、清らかな水、心地よさを与えてくれる風。土の匂い、素朴な人々。食べ物やその他の恵みを感謝して頂く私たち。そして一緒に遊ぶこと。自然と人間の共鳴共存。

さて、今日のタイトル、「男性性」。
先日、これに関連する面白い発見ががありました。
男性性と言えば、まず父親像だと思います。それで父の日のプレゼントを話の前置きに。。。
私が最も苦手とする男性のタイプ・・・それは細かいひと。人の動きを良く見ていて「あれはやったか、これはやったか」と先回りして指図する人が苦手(イヤ!)なんです。連絡などマメであって欲しいけど、マメ過ぎるとほっといて!と言いたくなる。わがままってことなんでしょうけど。

話は、先日、実家へ帰ったときのことでした。
私は自称ファザコンで、半ば父親を神格化していました。嫌いなところなんてまぁ~たく無い、と思っていた父親に、私が忌み嫌う、そのウルサく細かい点があったことが判明しました。私は絶句(笑)、正直ショック(爆)。

ただ、「父親にだって、こんな一面があるんだから、もういいか」という気持ちになれたのも事実。なぜなら、このタイプ、結構、私の周囲にいらっしゃるんです(爆)イヤダイヤダと距離を置いて、態度も硬化させていましたが、一向にこのストレスフルな状況は変わっていきませんでした^^;)。

更にハッとしたのは、私は父親から受け継いだものが色濃いことを思い出したから。外見、字、血液型、性分など・・・。と言うことは、この細かい&ウルサイ部分も、受け継いでいるのではないか!?そう言えばある!!そういうところ、私にもあるゾ!!

父親から受け継いだ点をを男性性とすれば、この男性性、私が途中で自分の中から排除したものでした。周囲から、女の子らしら可愛らしさを求められましたし、可愛げがない、愛想がないと怒られたり。だから私自身もがんばって身に付けようとしました。好かれるために。

そして、男性的な要素や父親に似ている点、受け継いでいる素晴らしい点を自分から追い出したのですね。今回のことは今再び、それらを自分に統合するために気付かせてもらった出来事に思います。今まで気付かなかったなんて、それもそれでスゴイですが^^;

男性性と女性性を統合すること。今まで排除してきた、自分の大切な一部分を認めること。
私は「自称ファザコン」なんて言いながら、父親のある側面は排除してきたということです。
何という、この逆説!もう少し、分かりやすくならないものか(笑)
・・・ではなく、分かりにくい環境を選び、時間をかけて理解することを、他でもない私自身が選んでいるから仕方ないのです^^;

今回の京都で、「御祭神 日本武尊」が気になり参拝してきたある神社。封印した男性性・・・なるほどなぁ。ちなみに、その後、そのストレスフルな方々との軋轢は驚くほど少なくなりました。捉え方が変わり発するエネルギーが変わると、状況もここまで変化するものなのかと、身をもって体験した一件でした。お導き頂けたのだと思います。


今日も最後まで読んで下さって、ありがとうございます☆

明日も皆さんにとって、楽しく健やかな一日でありますように。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

joyce (ジョイス)

Author:joyce (ジョイス)
人間が生きる、、もっとも自然な姿とはどういうことなのだろう・・・と考え続けています。

私たちは大宇宙、大自然が紡ぐ生の営みの一つ。元来、全てに調和し、生かされている存在。

自身の人生を切り開く力を備えている一方で、数々の恩恵や成長の機会を受け取ることも出来る存在です。

自分の価値を知り、人生を肯定できるよう、皆さんの内にあるストレングス(強さや資質、天分)と弱さ・・光と影ををご一緒に見つめていきましょう。そう、見つめ、慈しむだけで良いのです。そこに価値を置く必要もなく、そこを生きる頼りにしなくても。

知るだけで、そして、湧き出る感情を感じるだけで。これは、とても自主的な行為です。

今を生きる中で感じる義務や、悲しみ、憤り、責任や使命を手放して尚、一人一人の存在は、ただそれだけで静かに輝いています。それでも運ばれていき、体験を余儀なくされることには、私たちは恐らく抗いません(葛藤がありません)。

補足すると、義務や悲しみに「仕立てた」想念が身体や心に残っています。悲しいけど、その方が楽など、自分が手放さないのです。手放しとはその部分、その範疇をいいます。やはり、それぞれに、すべきことは厳然としてある筈です。

そしてその先へ。癒しのその先へ。
自分を表現していきましょう。勝手に表現されていくことにもOKを出しましょう。
私たちは潜在意識が殆どを占める生き物です。認識しない意図があっても当然で、それを信頼することにより、自ら決定することとの相乗で、次のステージへと運ばれていきます。でも、これは違う!?と思ってもいいのです。

表現とは、この現実世界に自分の存在をさらけ出し、他者や社会による知覚、分析や評価の対象となることです。もちろんそこには、賛辞や好意も含みます。自分の殻の中で、自己満足で終わることとは異なります。

(実際的なアーティストになろう!でなく、恐れず全身で自分でいよう!というのが近いです。ただ、さじ加減は必要ですね。爆発的に、暴力的に、自分を押し付けるのはまた違うので。でも失敗を恐れずに!)

他者や社会に自分を開くと、予期しないことも、より起こっていくでしょう。喜び、神秘、驚き、楽しさ、悲しみ、厳しさも、より体験するでしょう。でも、自らの感情や記憶に左右されず、怖れとプライドを手放して、これらの感動に、可能な限りオープンでありたいものです。

尽きることない、呆れるほど豊かな学びがそこにあります。例え今世が、十字架を背負い続ける人生であったとしても。。

それが愛=天意(あい)で、生かされし魂として、神聖なる計画に沿うことじゃないかと思います。でも、真に大切なのは、私たちはどのようにも選んでいいのです。自分で考え、決め、その自覚を持つこと、人のせいにしないことです。

今日は、ご訪問ありがとうございます。お時間ありましたら、ゆっくり遊んで行って下さいね^^

どこまでも自分に正直に忠実に。
Be dutiful
それがその人だけが持つ美しさと輝き・・・Beautiful 

京都府京都市在住
1968年12月12日生

youtube
1日1クリックお願いします
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
ライブラリー
リンク ( Blog & HP)
このブログをリンクに追加する
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
Recommended Books
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2586位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
436位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。