心、魂、身体のこと。一人ひとりの無限の可能性、役割や命の輝き、素晴らしさを見つめていきたいと思います。皆さんのたくさんの願いが叶っていきますように。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法の呪文

少し古い話になりますが、ツイッター

>ワールドカップ、本日はデンマーク戦。デンマークと言えば、アンデルセン。童話と神話の対決!!さて結果はいかに(゜.゜)

な~んてつぶやきましたが、結果、神話(日本)の勝利でした^^

その後の決勝トーナメント・パラグアイ戦では、PKで駒野選手のシュートがゴールバーに嫌われて惜しくも敗退・・・。パラグアイは甘味料ステビアの産地として知られています。これは、サムライとJoy(人生の甘み、喜び)の対決だったように思いました。スティービー・ワンダーの名曲にもありますね。Overjoy. 大喜びする、歓喜。この一戦、事実としては敗戦ですが、誰も敗戦と思っていないのではないでしょうか。「サムライ」に「Overjoy」が調和され、新しい何かが確実に息づいていることを私は強く感じます。

それだけでなく、こんなに護られている国はありません。
でもそれは「八百万の神」とあらゆるものに神を見出し、畏敬と感謝の気持ちを捧げ続け、天と地と共に生きてきた我が国の歴史があるからです。この事も、目に見えようが見えまいが確かに継承されていると私は思います。


+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+

さて、話題を変えて今日の本題に参ります^^ 
私事(体験上)の話ですが、少しお付き合い頂ければ嬉しいです。

私は長年ヘビースモーカーでしたが、2年前に禁煙しました。今でも人生の半分以上が喫煙期間です(笑) 何十回と禁煙にトライしては、離脱症状に耐えられず挫折の繰り返し。でも、ある日の一瞬の出来事が最後でした。それは、自分の口からついたこの一言。

「私はもう、(タバコを必要とした)あの頃の自分ではない」


これ、月曜日の朝、出勤の支度でバタバタしてしていたときの事です。
その時ちょうどタバコが切れていまして、朝の一服の後で(笑)、一箱吸い切っていたんですね。

ただし前日に伏線があって・・・こっそり隠れてタバコを吸っていたのを見られて、別に言い訳などしなくてもいいのに「本当のところは私、タバコを止めようと思ってないんだと思う」なんて言葉を搾り出して^^;

この一連の流れ、分析しようと思えば、様々に分析できると思います。
「タバコを吸う自分を、自分で認めた」
「自己肯定感が、一瞬のうちにグっと上がった」
「タバコとタバコに関わる全て・・心理要因も含めてを堪能し尽くした」(陰極まれば陽に転ず)

それも確かに正解だと思います。ただ、当の私が感じるのは言葉の威力です。
よって今日のタイトル、魔法の呪文なのです^^


「もう、あの頃の私ではない」
一見、否定の否定=二重否定ですが、これは肯定です。しかも通常の肯定より格段に強い肯定になります。言葉の雰囲気を感じて頂ければ嬉しいのですが、これを英訳すると

" I am no longer whom I used to be"
" I am " と、高らかに自分を宣言するところから始まります。「~でない」という日本語の響きですが、英語では " I am not" と" 私" を否定する言葉は使用しません。そして" no longer "。

「もはや~でない」という句語ですが、「これ以上長くならない」という直訳の中に、大きな意味が含まれています。一本のライン上に現在、過去、未来があるとする時、「これ以上長くならない」とは即ち、「現在の地点が大切であることに気付いた」という意味を孕んではいないでしょうか。

これは「過去にも未来にも影響されない」に繋がり、過去は癒され、もはや未来を愕かすものではない、というエネルギーを瞬時に伝えてくれた言葉であったのだと思います。このような言葉のエネルギーが厳然と含まれているからこそ、魔法の呪文として今日の記事を書いてみたいと思いました。もし、一歩進んでみたい時、変容に最後の勇気が出ないとき、よかったら口に出して言ってみて下さい。

「もう、あの頃の私ではない」

この言葉が、きっと背中を押してくれることをを、心から願っています。


また、これからも書ける範囲で書いていきますが、私はタバコを始めとする強度の依存や、うつの経験、精神的なものからくる歩行障害と診断された時もあります。精神世界や心理学、霊の世界を知ることで、そして周囲方々のお陰で、生きることにようやく折り合いを付けて来られました。

まだまだ歩いていく日々ですが、せめて今私ができる事はこうやって書くことなので、少しづつ再開していきますね。自身の活動も恐るべきスローペースですが準備中です。またよろしくお願いいたします n(_ _)n


今日も最後まで読んで下さってありがとうございます。

今日も皆さんの一人ひとりが慈しまれていると、そう感じれる一日でありますように。





ランキングに登録しています^^
皆様のクリックが励みとなります。いつも支えて下さってありがとうございます♪
この記事が良かった!と思われたらポチっとお願いいたします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

joyce (ジョイス)

Author:joyce (ジョイス)
人間が生きる、、もっとも自然な姿とはどういうことなのだろう・・・と考え続けています。

私たちは大宇宙、大自然が紡ぐ生の営みの一つ。元来、全てに調和し、生かされている存在。

自身の人生を切り開く力を備えている一方で、数々の恩恵や成長の機会を受け取ることも出来る存在です。

自分の価値を知り、人生を肯定できるよう、皆さんの内にあるストレングス(強さや資質、天分)と弱さ・・光と影ををご一緒に見つめていきましょう。そう、見つめ、慈しむだけで良いのです。そこに価値を置く必要もなく、そこを生きる頼りにしなくても。

知るだけで、そして、湧き出る感情を感じるだけで。これは、とても自主的な行為です。

今を生きる中で感じる義務や、悲しみ、憤り、責任や使命を手放して尚、一人一人の存在は、ただそれだけで静かに輝いています。それでも運ばれていき、体験を余儀なくされることには、私たちは恐らく抗いません(葛藤がありません)。

補足すると、義務や悲しみに「仕立てた」想念が身体や心に残っています。悲しいけど、その方が楽など、自分が手放さないのです。手放しとはその部分、その範疇をいいます。やはり、それぞれに、すべきことは厳然としてある筈です。

そしてその先へ。癒しのその先へ。
自分を表現していきましょう。勝手に表現されていくことにもOKを出しましょう。
私たちは潜在意識が殆どを占める生き物です。認識しない意図があっても当然で、それを信頼することにより、自ら決定することとの相乗で、次のステージへと運ばれていきます。でも、これは違う!?と思ってもいいのです。

表現とは、この現実世界に自分の存在をさらけ出し、他者や社会による知覚、分析や評価の対象となることです。もちろんそこには、賛辞や好意も含みます。自分の殻の中で、自己満足で終わることとは異なります。

(実際的なアーティストになろう!でなく、恐れず全身で自分でいよう!というのが近いです。ただ、さじ加減は必要ですね。爆発的に、暴力的に、自分を押し付けるのはまた違うので。でも失敗を恐れずに!)

他者や社会に自分を開くと、予期しないことも、より起こっていくでしょう。喜び、神秘、驚き、楽しさ、悲しみ、厳しさも、より体験するでしょう。でも、自らの感情や記憶に左右されず、怖れとプライドを手放して、これらの感動に、可能な限りオープンでありたいものです。

尽きることない、呆れるほど豊かな学びがそこにあります。例え今世が、十字架を背負い続ける人生であったとしても。。

それが愛=天意(あい)で、生かされし魂として、神聖なる計画に沿うことじゃないかと思います。でも、真に大切なのは、私たちはどのようにも選んでいいのです。自分で考え、決め、その自覚を持つこと、人のせいにしないことです。

今日は、ご訪問ありがとうございます。お時間ありましたら、ゆっくり遊んで行って下さいね^^

どこまでも自分に正直に忠実に。
Be dutiful
それがその人だけが持つ美しさと輝き・・・Beautiful 

京都府京都市在住
1968年12月12日生

youtube
1日1クリックお願いします
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
ライブラリー
リンク ( Blog & HP)
このブログをリンクに追加する
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
Recommended Books
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2654位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
443位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。