心、魂、身体のこと。一人ひとりの無限の可能性、役割や命の輝き、素晴らしさを見つめていきたいと思います。皆さんのたくさんの願いが叶っていきますように。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話水没、そして叫びの効用

昨日は、まったく予想外のスケジュールとなった一日でした。良い意味での行き当たりバッタリと言いましょうか^^; その最たるもの・・・携帯電話、水没(爆)

写真データもパンパンに詰まっていて、でもすぐに見れるように残しておきたくて。でも、そろそろ整理しなくては・・・と思っていた矢先でした(笑)幸い販売店もすぐ目と鼻の先にあり、データ自体はアウトでも、その後の連絡等は事なきを得ました。そして、ずっと欲しかったシャンパンゴールド色の携帯に変更しました(嬉)

メカにとにかく弱い私ですが、今回はセキュリティ機能(生活防水をはじめ)はしっかり付けて。。。

でも、携帯電話水没、データがアウト。
私とってシンボリックな出来事でした。


+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・

さて、この日、スケジュール変更し出向いた場所です。


arima kinen


中山競馬場です。昨日は第54回有馬記念!!
人生史上(大げさな^^;)最大の人混みを経験しました。人混み、大嫌いだったんですが、これで怖いものはないな(多分!)よかったら写真をクリックして拡大してご覧になって下さい。優勝馬グレイトジャーニー、ゴール直後が映っています。


親戚がサラブレッド生産に携わっていることもあり、競馬愛好歴は長いんです。
でも今年に入ってパッタリ離れていました。しかし競馬を愛する者の一人として、馬券を買い続けることが次のオグリキャップ、ディープインパクト、ウオッカを生むことになると改めて思い始め(馬券の売り上げが競馬を支える源です)、ささやかならが楽しみを再開しましたのが12月に入ってから。

当たらなくていいんですよ。でも、当たれば当然のことながら嬉しい。
今ようやく、そのくらいの距離感で競馬と付き合えるので、ここにも書いていいかなと思いました。GⅠの生ファンファーレは二回目。今回も感動でした。。。


私が買う馬券は「複勝」という3着までに入線すれば、何らかの配当があるもの。
この日、私が買ったのは馬はフォゲッタブル、鞍上はフランスの若き天才騎手、クリストフ・ルメール。かのディープインパクトに、国内のレースで唯一土を付けた馬(ハーツクライ)のジョッキーでした。

ゴール前、「ルメールーーー!!」「ルメール!3着!!」と思い切り叫んだのが悪かったのか(笑)
4着でした(笑)

でも、この「叫び」というもの。
この日「叫びの効用」をリアルに経験できたのは、非常に大きなことでした。
というのは、「ルメールーーー!!」と叫んだときに、ゴボっと身体から何かが出たのが分かったんです。
その後の気分は、何とスッキリしたことか。

「叫ぶ」とは、お腹の中から声を出す、頭の中を空っぽにする、羞恥心を吹き飛ばす・・・など、心身ともに大きく運動することに繋がるのだと思いました。また、言葉が「叫び」になるときって、本当の思い・本音とも言えるのではないでしょうか。

遠慮なく叫べる場所に行く、そして叫ぶ。
これもセラピーの一つの形かもしれないですね。
特に「羞恥心を吹き飛ばす」は、「何でも来ーい!、何でもやってやる!」と、自分自身を信頼している状態でもあり、叫ぶとは、この状態にアンカーする(無意識下に結びつける)素晴らしい処方だと思います^^

2009年中央競馬オーラス、有馬記念。
優勝馬はグレイトジャーニー。
偉大なる旅の終わり。
父(ステイゴールド)から受け継げし黄金の羽で紡いだ旅路の果て。
(多分、来年も現役続行だと思いますが^^)



今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。

今日も皆さんのすべてが輝く一日でありますように。

スポンサーサイト
コメント
No title
今年、出会えたことに感謝です~!!
また来年、会えるかな?
よい年をおむかえくださいね~ !!
2009/12/29(火) 06:26 | URL | 瑞姫希音(光明) #02S5XAik[ 編集]
お気を付けて!
希音さん、出雲へのご出発、どうぞお気を付けて行ってらして下さい!
こちらこそブログを通じて頂いた、こんなに素敵なご縁に心より感謝です。来年も是非お会いできますように。絵やお写真もまた拝見したいです^^

ありがとうございます。
どうぞお年をお迎え下さいませ。
2009/12/29(火) 09:41 | URL | joyce #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

joyce (ジョイス)

Author:joyce (ジョイス)
人間が生きる、、もっとも自然な姿とはどういうことなのだろう・・・と考え続けています。

私たちは大宇宙、大自然が紡ぐ生の営みの一つ。元来、全てに調和し、生かされている存在。

自身の人生を切り開く力を備えている一方で、数々の恩恵や成長の機会を受け取ることも出来る存在です。

自分の価値を知り、人生を肯定できるよう、皆さんの内にあるストレングス(強さや資質、天分)と弱さ・・光と影ををご一緒に見つめていきましょう。そう、見つめ、慈しむだけで良いのです。そこに価値を置く必要もなく、そこを生きる頼りにしなくても。

知るだけで、そして、湧き出る感情を感じるだけで。これは、とても自主的な行為です。

今を生きる中で感じる義務や、悲しみ、憤り、責任や使命を手放して尚、一人一人の存在は、ただそれだけで静かに輝いています。それでも運ばれていき、体験を余儀なくされることには、私たちは恐らく抗いません(葛藤がありません)。

補足すると、義務や悲しみに「仕立てた」想念が身体や心に残っています。悲しいけど、その方が楽など、自分が手放さないのです。手放しとはその部分、その範疇をいいます。やはり、それぞれに、すべきことは厳然としてある筈です。

そしてその先へ。癒しのその先へ。
自分を表現していきましょう。勝手に表現されていくことにもOKを出しましょう。
私たちは潜在意識が殆どを占める生き物です。認識しない意図があっても当然で、それを信頼することにより、自ら決定することとの相乗で、次のステージへと運ばれていきます。でも、これは違う!?と思ってもいいのです。

表現とは、この現実世界に自分の存在をさらけ出し、他者や社会による知覚、分析や評価の対象となることです。もちろんそこには、賛辞や好意も含みます。自分の殻の中で、自己満足で終わることとは異なります。

(実際的なアーティストになろう!でなく、恐れず全身で自分でいよう!というのが近いです。ただ、さじ加減は必要ですね。爆発的に、暴力的に、自分を押し付けるのはまた違うので。でも失敗を恐れずに!)

他者や社会に自分を開くと、予期しないことも、より起こっていくでしょう。喜び、神秘、驚き、楽しさ、悲しみ、厳しさも、より体験するでしょう。でも、自らの感情や記憶に左右されず、怖れとプライドを手放して、これらの感動に、可能な限りオープンでありたいものです。

尽きることない、呆れるほど豊かな学びがそこにあります。例え今世が、十字架を背負い続ける人生であったとしても。。

それが愛=天意(あい)で、生かされし魂として、神聖なる計画に沿うことじゃないかと思います。でも、真に大切なのは、私たちはどのようにも選んでいいのです。自分で考え、決め、その自覚を持つこと、人のせいにしないことです。

今日は、ご訪問ありがとうございます。お時間ありましたら、ゆっくり遊んで行って下さいね^^

どこまでも自分に正直に忠実に。
Be dutiful
それがその人だけが持つ美しさと輝き・・・Beautiful 

京都府京都市在住
1968年12月12日生

youtube
1日1クリックお願いします
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
ライブラリー
リンク ( Blog & HP)
このブログをリンクに追加する
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
Recommended Books
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
3013位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
492位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。