心、魂、身体のこと。一人ひとりの無限の可能性、役割や命の輝き、素晴らしさを見つめていきたいと思います。皆さんのたくさんの願いが叶っていきますように。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正解は分からない

おそらく、真理と言われるものは一つなんだろうと思います。
でもこの地球上には多くの人が生きていて、それぞれの環境があり、それぞれの人生があり、それぞれの進化のプロセス途上にいます。だからこそ、複数の(それこそ何十、何百もの)思想、哲学、宗教、信仰がなければカバーし切れません(私自身は特定の信仰や宗教は持っておりません。実家は浄土真宗で、法事のときなどに私も阿弥陀経をお唱えします)。

それが絶対的に正しい内容だとしても、一つだけのことを言っていては、その「一つ」の学びに該当する人々だけしか腑に落ちることがありません。結果的に同じ内容を物語ってたとしても、右側からの見方をする人々、左側からしか見ない人々と種々様々である以上、使う言葉も伝わるニュアンスも同様であって然るべきなのかもしれません^^

以上は例え話の一例ですが、「正解は探さなくてもよいのではないか」と私が思うようになった背景はこれに近いものがあります。私には意味を知りたくなるときが沢山あります。特にここ数ヶ月はその嵐でした。

「何故、今、ここに生きているのだろう」「何故、このような人生を選んだのだろう」「何故、この両親を選んできたのだろう」「もしかして、私はどこかの時点で間違ってしまったのか(爆)」・・・・これらのことは、100%真実なんて誰も知りようがない、教えてくれようもない、だから100%なんて言わない、でも自分を納得させされる、腑に落ちれる何かを知りたい・・・と、ひとまず頭で理解したかったのだと思います。まず自分の中で生まれた答えが突拍子もなかったので、整合性を何とか取りたかったのも理由の一つです。自分の中の最初の答えを信じていないんですよね^^;

けれども次第に、「私は今、ここに生きている。これが真実であり、私が今思っていること、そして今成すべきこと・・・それが答えなのかもしれない」と答えや正解を求めないようになりました、と言うと綺麗ですが単純に疲れたのだと思います。答えを求めてばかりに。そうするうちに、数々の思いもよらなかった素晴らしい出会いと教えに恵まれ、そしてそれは、今までの私の想像を遥か超えた私にとっての「正解と答え」だったのです(すべてに対して正解が見つかった!ということではないです^^;)。

「その人に準備ができたときに、必要な師が現れる」という言葉があります。これは、実際は教えを乞うために探し求めた結果出会えた師であっても、それと同時に師もその人を求めたということではないでしょうか。私たちは、いつも誰かが誰かを必要としていて、あなたも、私も、いつも誰かから求められているのだと思います。

だから欲しいものは求めてOk♪だと思うんです。ただそれを手に入れるための「正解な」方法(これは効率かもしれないし、より多くのものをという心かもしれないし、ごまかしかもしれません)を模索するより、欲しいと求める気持ちが自分の真実、と受け容れてみるのが出発点かなと思います。

「それ、本当に欲しい?」と自分に問いかけたとき、「え!!?」って、思わずどもってしまう時ってありませんか?自分の真実と信じて受け容れたあとで、その奥に隠れていたもっとコアな真実に巡り合うってこともあると思います。だから正解って、探しても無いようなもの、もしくは分かろうとしても分からないものかもしれないと思う今日この頃です。


今日も最後まで読んで下さってありがとうございます☆

今日も皆さんのすべてが輝く一日でありますように。


スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/13(日) 23:31 | | #[ 編集]
ありがとうございます^^
鍵コメさま

ご訪問下さって本当にありがとうございます。
私もマイペースで更新していきますので、今後ともどうぞお付き合い下さいませ^^

すっかり秋めいて来ましたので、ご自愛下さいね♪


2009/09/15(火) 21:05 | URL | joyce #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

joyce (ジョイス)

Author:joyce (ジョイス)
人間が生きる、、もっとも自然な姿とはどういうことなのだろう・・・と考え続けています。

私たちは大宇宙、大自然が紡ぐ生の営みの一つ。元来、全てに調和し、生かされている存在。

自身の人生を切り開く力を備えている一方で、数々の恩恵や成長の機会を受け取ることも出来る存在です。

自分の価値を知り、人生を肯定できるよう、皆さんの内にあるストレングス(強さや資質、天分)と弱さ・・光と影ををご一緒に見つめていきましょう。そう、見つめ、慈しむだけで良いのです。そこに価値を置く必要もなく、そこを生きる頼りにしなくても。

知るだけで、そして、湧き出る感情を感じるだけで。これは、とても自主的な行為です。

今を生きる中で感じる義務や、悲しみ、憤り、責任や使命を手放して尚、一人一人の存在は、ただそれだけで静かに輝いています。それでも運ばれていき、体験を余儀なくされることには、私たちは恐らく抗いません(葛藤がありません)。

補足すると、義務や悲しみに「仕立てた」想念が身体や心に残っています。悲しいけど、その方が楽など、自分が手放さないのです。手放しとはその部分、その範疇をいいます。やはり、それぞれに、すべきことは厳然としてある筈です。

そしてその先へ。癒しのその先へ。
自分を表現していきましょう。勝手に表現されていくことにもOKを出しましょう。
私たちは潜在意識が殆どを占める生き物です。認識しない意図があっても当然で、それを信頼することにより、自ら決定することとの相乗で、次のステージへと運ばれていきます。でも、これは違う!?と思ってもいいのです。

表現とは、この現実世界に自分の存在をさらけ出し、他者や社会による知覚、分析や評価の対象となることです。もちろんそこには、賛辞や好意も含みます。自分の殻の中で、自己満足で終わることとは異なります。

(実際的なアーティストになろう!でなく、恐れず全身で自分でいよう!というのが近いです。ただ、さじ加減は必要ですね。爆発的に、暴力的に、自分を押し付けるのはまた違うので。でも失敗を恐れずに!)

他者や社会に自分を開くと、予期しないことも、より起こっていくでしょう。喜び、神秘、驚き、楽しさ、悲しみ、厳しさも、より体験するでしょう。でも、自らの感情や記憶に左右されず、怖れとプライドを手放して、これらの感動に、可能な限りオープンでありたいものです。

尽きることない、呆れるほど豊かな学びがそこにあります。例え今世が、十字架を背負い続ける人生であったとしても。。

それが愛=天意(あい)で、生かされし魂として、神聖なる計画に沿うことじゃないかと思います。でも、真に大切なのは、私たちはどのようにも選んでいいのです。自分で考え、決め、その自覚を持つこと、人のせいにしないことです。

今日は、ご訪問ありがとうございます。お時間ありましたら、ゆっくり遊んで行って下さいね^^

どこまでも自分に正直に忠実に。
Be dutiful
それがその人だけが持つ美しさと輝き・・・Beautiful 

京都府京都市在住
1968年12月12日生

youtube
1日1クリックお願いします
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
ライブラリー
リンク ( Blog & HP)
このブログをリンクに追加する
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
Recommended Books
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2654位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
443位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。