心、魂、身体のこと。一人ひとりの無限の可能性、役割や命の輝き、素晴らしさを見つめていきたいと思います。皆さんのたくさんの願いが叶っていきますように。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリザードフラワー・アレンジレッスン♪

先月のMulleさんのフラワーアレンジレッスンは、プリザードフラワーでした^^
プリザードフラワーも以前から(何年も前から)興味があって、この日がものすごく楽しみでした。楽しみなイベントが控えている高揚感って、やはりいいですよね。でもこの日の高揚感はまた別格で(笑)今から振り返っても、とても不思議な感覚でした。

その高揚感に身を任せながら、完成したのが次の作品です。
注)かなりMulleさんに手直し頂いています(爆) 最初はもっと器からあふれんばかりに盛っていました^^; ただ配色はお気に入りです。

まずこちらは、一緒に受講した友人の作品です。
薔薇の青、紫をはじめ、上品でな色使いで心がふわ~と癒されます^^
お花が器に沿って自然に広がっている感じが素敵ですね~。

A preserved flower ararnge 1


私の作品です。
最初は赤と緑のあじさいを盛り盛りに盛っていまして(笑)、普段からバランス感覚とリズム感が微妙~な私を物語っていましたよ。確かにあれは火山のマグマのようだったかもしれない。。。

A preserved flower arrange 2

薔薇の色、濃い方は茶色です(実は、最初紫だと思って選んだ)。
茶色って、シャツブラウスで一枚好きなものは持っていますが、普段ほとんど使わない色。ですから最初紫だと思ったとは言え、この色を選んだ自分が意外。でも結果オーライでしたね。ゴールドのスパイスも私なりにOkな出来栄えです。しかし繰り返しますが大幅に!手直し頂いてます^^;; Mulleさん、本当に素敵に仕上げて下さって、ありがとうございました☆


また機会を見て書くかもしれませんが、最近フランスを身近に感じます。
良い意味でも悪い意味でも妙に魅かれるものがあり、且つ日本とは類似性があるようで。この類似性、歴史や文化背景は異なる国なのに、何かが繋がっているような気がしてなりません。フランスは20年くらい前に一度訪れただけですが、煙るような香水や粉白粉の匂い、実際にタバコの煙。退廃的であり、一方で個が確立しているかのような、凛とした佇まいを映し出す街の雰囲気を思い出します。

このアレンジも少~し、フランスっぽい??

Mulleさんの授業、10月は「フレンチスタイルアレンジメント」・・・楽しみです♪♪



今日も最後まで読んで下さってありがとうございます☆

今日も皆さんの全てが輝く一日でありますように。


スポンサーサイト
コメント
No title
こんにちは。
ご訪問&コメント、ありがとうございます。
フラワーアレンジメント、綺麗ですねー。
ボリューム感がステキです!
私は、美的感覚がゼロなんで、
絶対できないです;;
2009/09/08(火) 15:01 | URL | なみなみ #-[ 編集]
ありがとうございます♪
なみなみさん、ご訪問ありがとうございます!体調は如何ですか?この時期は残暑と過しやすさが混じりますので、どうぞご自愛下さい。

アレンジメントも褒めて頂きましてありがとうございます♪先生のお手添えもあって、何とか仕上がりました。私もお気に入りです。

リンク了承して&貼って下さいましてありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします^^
2009/09/09(水) 03:44 | URL | joyce #-[ 編集]
ありがとうございます♪
joyceさん、いつもご紹介くださりありがとうございます~!この日のお二人の作品は対照的で私も一緒にとても楽しませていただきました。ご友人の作品は優しい色使いで癒される雰囲気で・・・joyceさんの作品は情熱的でエネルギー溢れる感じで・・・。
最近のjoyceさんの熱い心が投影されているようですね(^^)歌や踊りの芸能の雰囲気も。。。
そしてフランスですか!モネやゴッホの時代の絵画は日本の浮世絵の影響を受けているのですものね。芸術に関する感性はルーツを同じくしているのかもしれません。そうですね。アレンジメント、その頃のフランスの香りがしてきますね♪
2009/09/12(土) 19:06 | URL | Mulle #-[ 編集]
浮世絵ですか!
Mulleさん、こちらこそいつもありがとうございます。何かを創る楽しさ、Mulleさんに出会わなければ経験できなかった幸せです^^ 熱い心、そうかもしれません。作品は見事なまでに物語ってくれるのが、嬉しいやら恥ずかしいやら。

浮世絵がフランス(ヨーロッパ?)絵画に影響を与えていたのですね~、びっくりです!絵画や音楽、文学など芸術に携わる方々の感性や表現したいものも、突き詰めれば一つに繋がっていくのでしょうね^^

2009/09/13(日) 21:53 | URL | joyce #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

joyce (ジョイス)

Author:joyce (ジョイス)
人間が生きる、、もっとも自然な姿とはどういうことなのだろう・・・と考え続けています。

私たちは大宇宙、大自然が紡ぐ生の営みの一つ。元来、全てに調和し、生かされている存在。

自身の人生を切り開く力を備えている一方で、数々の恩恵や成長の機会を受け取ることも出来る存在です。

自分の価値を知り、人生を肯定できるよう、皆さんの内にあるストレングス(強さや資質、天分)と弱さ・・光と影ををご一緒に見つめていきましょう。そう、見つめ、慈しむだけで良いのです。そこに価値を置く必要もなく、そこを生きる頼りにしなくても。

知るだけで、そして、湧き出る感情を感じるだけで。これは、とても自主的な行為です。

今を生きる中で感じる義務や、悲しみ、憤り、責任や使命を手放して尚、一人一人の存在は、ただそれだけで静かに輝いています。それでも運ばれていき、体験を余儀なくされることには、私たちは恐らく抗いません(葛藤がありません)。

補足すると、義務や悲しみに「仕立てた」想念が身体や心に残っています。悲しいけど、その方が楽など、自分が手放さないのです。手放しとはその部分、その範疇をいいます。やはり、それぞれに、すべきことは厳然としてある筈です。

そしてその先へ。癒しのその先へ。
自分を表現していきましょう。勝手に表現されていくことにもOKを出しましょう。
私たちは潜在意識が殆どを占める生き物です。認識しない意図があっても当然で、それを信頼することにより、自ら決定することとの相乗で、次のステージへと運ばれていきます。でも、これは違う!?と思ってもいいのです。

表現とは、この現実世界に自分の存在をさらけ出し、他者や社会による知覚、分析や評価の対象となることです。もちろんそこには、賛辞や好意も含みます。自分の殻の中で、自己満足で終わることとは異なります。

(実際的なアーティストになろう!でなく、恐れず全身で自分でいよう!というのが近いです。ただ、さじ加減は必要ですね。爆発的に、暴力的に、自分を押し付けるのはまた違うので。でも失敗を恐れずに!)

他者や社会に自分を開くと、予期しないことも、より起こっていくでしょう。喜び、神秘、驚き、楽しさ、悲しみ、厳しさも、より体験するでしょう。でも、自らの感情や記憶に左右されず、怖れとプライドを手放して、これらの感動に、可能な限りオープンでありたいものです。

尽きることない、呆れるほど豊かな学びがそこにあります。例え今世が、十字架を背負い続ける人生であったとしても。。

それが愛=天意(あい)で、生かされし魂として、神聖なる計画に沿うことじゃないかと思います。でも、真に大切なのは、私たちはどのようにも選んでいいのです。自分で考え、決め、その自覚を持つこと、人のせいにしないことです。

今日は、ご訪問ありがとうございます。お時間ありましたら、ゆっくり遊んで行って下さいね^^

どこまでも自分に正直に忠実に。
Be dutiful
それがその人だけが持つ美しさと輝き・・・Beautiful 

京都府京都市在住
1968年12月12日生

youtube
1日1クリックお願いします
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
ライブラリー
リンク ( Blog & HP)
このブログをリンクに追加する
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
Recommended Books
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1890位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
310位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。