心、魂、身体のこと。一人ひとりの無限の可能性、役割や命の輝き、素晴らしさを見つめていきたいと思います。皆さんのたくさんの願いが叶っていきますように。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間とは

「見方を変える」「常識に捕われないこと」
についてあれこれ考えていたら、この記事に出会いました。

8月17日配信 産経新聞より

世界記録の伸び加速? 歴史変えたボルトの激走

 世界陸上男子100メートルで世界新記録となる9秒58をたたき出したウサイン・ボルト(ジャマイカ)。人類初の9秒5台というこの快挙に、専門家からも「規格外」との声が上がった。

 100メートルの記録について、世界記録の変遷などを集計して「2050年までに9秒55」と予測していたのはバイオメカニクスを専門とする早稲田大学人間科学部の鈴木秀次教授。今回で残り0秒03にまで迫られた鈴木教授は「今回のレースは追い風0・9メートル。もし公認ぎりぎりの追い風2メートルだったら9秒55は出ていたでしょう」と話す。今回の世界新は、歴史の流れを40年も早める快挙だった。

私は時間というのは、微細な粒子から出来ている「一瞬」が、次から次へと生まれ、死している連続の状態ではないかと思っています。そしてこの「時間」ほど、人間の常識がその存在に関与しているものもないように思います。なにせ、目に見えない。実体がない。ずっと「謎の」存在である「時間」というもの。

時間は、過去から未来へしか流れない。時間は巻き戻せない。1秒という長さの体感することろも、現代を生きる私たちにとっては、常識として植え付けられたものではないか?という考えに行き着きました。

昨日やっと「Newton」5月号を読み始めまして^^;; はは、五月号です。今は8月!きっと今が読むタイミングだったのだ、ということにしましょう!

Newton May2009 issue

面白かったです。地球の一回の自転は24時間、月の公転周期は約28日≒1月、地球が太陽を一周するのは365.25日≒1年。これらも人間が天体の動きから意味を持たせたもの。

この意味付けにより、生活の適切なリズムが生まれ、季節が生まれ、文明が発達し、音楽を始めとする芸術が誕生し、現代があります。よって私は、「絶対時間と絶対空間」が存在すると考えたアイザック・ニュートンよりも、「時間とは、複数の物事のと間に生まれる関係に過ぎない」と対立したゴットフリート・ライプニッツの考え方に賛同するところです。

The End of Time: The Next Revolution in PhysicsThe End of Time: The Next Revolution in Physics
(2001/11/29)
Julian Barbour

商品詳細を見る


うわ・・・原書では絶対無理なので、さすがに手は出せませんが、そのライプニッツの現代的な視点が提唱されている本だそうです。念のため^^;


さて、上記ボルトの世界新記録の記事のように、「40年歴史を早める」ことだってあるのです。即ち、この表現通りに自分を置くと、今日は2049年8月18日になります。私たちは2009年にいながら、2049年にも同様に生きていることを意味します。ボルトが「歴史を早めた」と思えた瞬間、意識上では、私たちも一緒に早まった歴史・・・40年先の2049年に存在したのです。潜在意識は、主語、時間の時点を区別しません。

また逆(過去)も然り。私事では、最近よく「生き直している」と思うことがあります。これは時間を巻き戻し、過去をもう一度生きている感覚なんです。私は2009年にいながら、意識上1999年にも生きている。このように、今が未来であり過去であり、時間が微細なエネルギーから成る「一瞬」という単位の生と死の連続なら、そこに包まれて生きる私たちも、私たちが感じ得ない次元で生と死を繰り返しているのかもしれません。

それなら(一瞬一瞬新しく生まれ変わっているという考えなら)、今ここにいながら、未来にも過去にも自分を置くことができるという事について、あくまでも私個人の感覚的なものにせよ納得がいった次第です。相変わらず言語化するのは至難の技で、私はその術が絶対的に不足している点はどうかご容赦お願い致します。ただ、

今の想いが、未来を創り、
過去の出来事が、今を引き寄せて、
未来のために、今が準備期間である必要があり、
過去の傷を癒すために、未来の出来事が望まれてるなら。

何故こんな手の込んだカラクリが組まれているのか・・・時間は、過去から現在を経て未来へという一定方向のみ流れていくというのが常識であり、「手が込んでいる」というのも人間の先入観なら?これは決して複雑なカラクリではなく、その過程で必要な気付きを促すたもの、人間の知恵を遥か凌駕する最適な、慈愛溢れる大いなるプロセスなのだと私は思います。

だからこそ、今、ここに地に足を付け、今を感じ切り生き切ることが大切なのだと思います。シュタイナーも夢想家であってはいけない、と説いていました。「人間の知恵を遥か凌駕する最適な、慈愛溢れる大いなるプロセス」・・・こう書いたのは、基本的には、この部分は人間が(顕在意識が)コントロールすべき部分ではないと思ったからです。その部分に意識を合わせるよりも、今、足元にある現実、目の前にある事実。ここに精一杯で、立ち向かえば良いのだと思います。

私は高校時代、物理は赤点だったので(爆)、今さら近づくのは恐ろしい気もしますが(笑)、このように時間だけでなく、宇宙や天体など物理学術的な側面を知ることにより、潜在意識や心理学、哲学へ別方向からのアプローチも出来そうで、面白そうだなと思いました。


今日も最後まで読んで下さって、ありがとうございます☆

今日も皆さんにとって、限りない優しさと勇気に包まれる一日でありますように。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

joyce (ジョイス)

Author:joyce (ジョイス)
人間が生きる、、もっとも自然な姿とはどういうことなのだろう・・・と考え続けています。

私たちは大宇宙、大自然が紡ぐ生の営みの一つ。元来、全てに調和し、生かされている存在。

自身の人生を切り開く力を備えている一方で、数々の恩恵や成長の機会を受け取ることも出来る存在です。

自分の価値を知り、人生を肯定できるよう、皆さんの内にあるストレングス(強さや資質、天分)と弱さ・・光と影ををご一緒に見つめていきましょう。そう、見つめ、慈しむだけで良いのです。そこに価値を置く必要もなく、そこを生きる頼りにしなくても。

知るだけで、そして、湧き出る感情を感じるだけで。これは、とても自主的な行為です。

今を生きる中で感じる義務や、悲しみ、憤り、責任や使命を手放して尚、一人一人の存在は、ただそれだけで静かに輝いています。それでも運ばれていき、体験を余儀なくされることには、私たちは恐らく抗いません(葛藤がありません)。

補足すると、義務や悲しみに「仕立てた」想念が身体や心に残っています。悲しいけど、その方が楽など、自分が手放さないのです。手放しとはその部分、その範疇をいいます。やはり、それぞれに、すべきことは厳然としてある筈です。

そしてその先へ。癒しのその先へ。
自分を表現していきましょう。勝手に表現されていくことにもOKを出しましょう。
私たちは潜在意識が殆どを占める生き物です。認識しない意図があっても当然で、それを信頼することにより、自ら決定することとの相乗で、次のステージへと運ばれていきます。でも、これは違う!?と思ってもいいのです。

表現とは、この現実世界に自分の存在をさらけ出し、他者や社会による知覚、分析や評価の対象となることです。もちろんそこには、賛辞や好意も含みます。自分の殻の中で、自己満足で終わることとは異なります。

(実際的なアーティストになろう!でなく、恐れず全身で自分でいよう!というのが近いです。ただ、さじ加減は必要ですね。爆発的に、暴力的に、自分を押し付けるのはまた違うので。でも失敗を恐れずに!)

他者や社会に自分を開くと、予期しないことも、より起こっていくでしょう。喜び、神秘、驚き、楽しさ、悲しみ、厳しさも、より体験するでしょう。でも、自らの感情や記憶に左右されず、怖れとプライドを手放して、これらの感動に、可能な限りオープンでありたいものです。

尽きることない、呆れるほど豊かな学びがそこにあります。例え今世が、十字架を背負い続ける人生であったとしても。。

それが愛=天意(あい)で、生かされし魂として、神聖なる計画に沿うことじゃないかと思います。でも、真に大切なのは、私たちはどのようにも選んでいいのです。自分で考え、決め、その自覚を持つこと、人のせいにしないことです。

今日は、ご訪問ありがとうございます。お時間ありましたら、ゆっくり遊んで行って下さいね^^

どこまでも自分に正直に忠実に。
Be dutiful
それがその人だけが持つ美しさと輝き・・・Beautiful 

京都府京都市在住
1968年12月12日生

youtube
1日1クリックお願いします
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
ライブラリー
リンク ( Blog & HP)
このブログをリンクに追加する
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
Recommended Books
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1627位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
256位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。