心、魂、身体のこと。一人ひとりの無限の可能性、役割や命の輝き、素晴らしさを見つめていきたいと思います。皆さんのたくさんの願いが叶っていきますように。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Duet for one ~二人になるために

米倉利紀さん初ストレートプレイとなる舞台『Duet for one』が、今週金曜日26日に初日を迎えます。1980年にロンドンで初演された2人芝居で、ジュリー・アンドリュース主演で映画にもなった物語です。

多発性硬化症に冒され音楽家生命を絶たれた世界的ヴァイオリニスト(安めぐみさん)が絶望の淵で訪れたドイツ人精神科医フェルドマン(米倉さん)との6回のカウンセリングセッションがこの舞台のストーリーですが、一応がんばってアマゾンで英語の脚本を入手しまして、かいつまんで読んでみました。内容が内容だけに、書籍で読んでみたかったんですね。でも舞台を見る前に全編は読み通したくなかったいう・・・すみません、どっちやねん!ですが^^;

でも6回目セッション終盤に向けての展開、そしてフェルドマン医師の最後のセリフ・・・どう翻訳されているのか、これは舞台を待たないと分からない、分からないけれど、このセリフには身震いしてしまうかもしれません。

安めぐみさんも、プライド高く、でも絶望の中で自分の内側が曝け出されるほどに、反対に命がみなぎってゆく女性をどう演じられるのか・・・舞台の上のお二人が本当に楽しみです。製作発表の様子は下記をご覧下さい。


http://news.pia.jp/pia/news_image.do?newsCd=201003040004&imageCd=3


『Duet for one』・・何て美しく、深遠な響きのタイトルなんだろうと思います。
「for one = 一つになるために」ではなく、「Duet= 二人になる」。この舞台の発表を聞いてから、ずっと私の中にあるのは「一つになるために」ではなく「二人になるために」。

なぜそう思ったのか、舞台を見るまでその理由を知りたくなかったから、全編を読みたくなかったのかもしれませんね^^;


↓この映像は10年ほど前になるのかなぁ。。。最近は多重コーラスの曲が比較的多く、このように地声でガツン!!という曲も少ないかもしれません。でも今でも、今だからこそ、ライブで聴くその声は素晴らしいの一言しかありません。5月から春のライブツアーも始まります!

奇蹟




今日も最後まで読んで下さってありがとうございます。

今日も皆さんにとって楽しく健やかな一日でありますように。





ランキングに登録しています^^
皆様のクリックが励みとなります。いつも支えて頂いてありがとうございます♪
この記事が良かった!と思われたらポチっとお願いいたします。


スポンサーサイト
プロフィール

joyce (ジョイス)

Author:joyce (ジョイス)
人間が生きる、、もっとも自然な姿とはどういうことなのだろう・・・と考え続けています。

私たちは大宇宙、大自然が紡ぐ生の営みの一つ。元来、全てに調和し、生かされている存在。

自身の人生を切り開く力を備えている一方で、数々の恩恵や成長の機会を受け取ることも出来る存在です。

自分の価値を知り、人生を肯定できるよう、皆さんの内にあるストレングス(強さや資質、天分)と弱さ・・光と影ををご一緒に見つめていきましょう。そう、見つめ、慈しむだけで良いのです。そこに価値を置く必要もなく、そこを生きる頼りにしなくても。

知るだけで、そして、湧き出る感情を感じるだけで。これは、とても自主的な行為です。

今を生きる中で感じる義務や、悲しみ、憤り、責任や使命を手放して尚、一人一人の存在は、ただそれだけで静かに輝いています。それでも運ばれていき、体験を余儀なくされることには、私たちは恐らく抗いません(葛藤がありません)。

補足すると、義務や悲しみに「仕立てた」想念が身体や心に残っています。悲しいけど、その方が楽など、自分が手放さないのです。手放しとはその部分、その範疇をいいます。やはり、それぞれに、すべきことは厳然としてある筈です。

そしてその先へ。癒しのその先へ。
自分を表現していきましょう。勝手に表現されていくことにもOKを出しましょう。
私たちは潜在意識が殆どを占める生き物です。認識しない意図があっても当然で、それを信頼することにより、自ら決定することとの相乗で、次のステージへと運ばれていきます。でも、これは違う!?と思ってもいいのです。

表現とは、この現実世界に自分の存在をさらけ出し、他者や社会による知覚、分析や評価の対象となることです。もちろんそこには、賛辞や好意も含みます。自分の殻の中で、自己満足で終わることとは異なります。

(実際的なアーティストになろう!でなく、恐れず全身で自分でいよう!というのが近いです。ただ、さじ加減は必要ですね。爆発的に、暴力的に、自分を押し付けるのはまた違うので。でも失敗を恐れずに!)

他者や社会に自分を開くと、予期しないことも、より起こっていくでしょう。喜び、神秘、驚き、楽しさ、悲しみ、厳しさも、より体験するでしょう。でも、自らの感情や記憶に左右されず、怖れとプライドを手放して、これらの感動に、可能な限りオープンでありたいものです。

尽きることない、呆れるほど豊かな学びがそこにあります。例え今世が、十字架を背負い続ける人生であったとしても。。

それが愛=天意(あい)で、生かされし魂として、神聖なる計画に沿うことじゃないかと思います。でも、真に大切なのは、私たちはどのようにも選んでいいのです。自分で考え、決め、その自覚を持つこと、人のせいにしないことです。

今日は、ご訪問ありがとうございます。お時間ありましたら、ゆっくり遊んで行って下さいね^^

どこまでも自分に正直に忠実に。
Be dutiful
それがその人だけが持つ美しさと輝き・・・Beautiful 

京都府京都市在住
1968年12月12日生

youtube
1日1クリックお願いします
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
ライブラリー
リンク ( Blog & HP)
このブログをリンクに追加する
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
Recommended Books
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
3916位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
615位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。