心、魂、身体のこと。一人ひとりの無限の可能性、役割や命の輝き、素晴らしさを見つめていきたいと思います。皆さんのたくさんの願いが叶っていきますように。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒りは天使

「感情の蓋」と言われる、怒り。

心の中に押さえ込んでいたり、二度と思い出したくないものだったり、又は「乗り越えよう」とバネにするような出来事だったり・・・これらが表に出ないよう蓋をしているのが、怒りです。見ないように感じないように逸らす役目をしている感情でもあり、自己防衛する感情でもあります。

感情的にならず相手に思いを伝えることも大切ですが、人間は生々しい生き物です。ですから、個人的には怒りで以って、相手に気持ちを伝える時があってもいいんだと思っています。ロボットではないですから。怒りを嫌わないで欲しいです^^ 溜め込み過ぎず、遠慮せず、早い段階で怒りを出せればコミュニケーションも変わってくると思います。

怒り過ぎてしまう人。
怒れない人。
怒りの感情を押し殺す人。忘却してしまう人。

以前も書きましたが私自身が怒れない人、怒りを溜める人なので、自身の学びと共に(これが非常に根深い^^;)、怒りに関する知識とそこから解放と前進に向かうプロセスを自分なりに体系化できればいいなと考えています。誰の中にもある男性性及び女性性、この両方の調和も、怒りとの関連は非常に大きいものです。

怒りや不機嫌さが大好きって方はそうそういないと思いますが、これらの態度は、やはり嫌われ役でしょう。個性を尊ぶより、和を乱さないことを由(よ)しとする文化の日本では、怒りは出さないもの、押し殺すものという概念が今も大きいのではないかと思います。と言うより、出すことを許されなかった、とした方が正しいかもしれません。

又、怒りに限らず、憎しみ、恨み、深い悲しみ。
近代日本に於いて確実に存在する重い歴史があります。第二次世界大戦、Japan Miracle と言われた高度経済成長、昭和バブル崩壊、リーマンショック、12年連続自殺者3万人超。

時の流れと共に連鎖した怒り。新たに生まれる怒り。
怒りが火や熱、燃えるものなら、そしてそれが余剰なら、バランスを取るためににどうしても鎮めるものが必要になります。私はこの冬から春、異常とも言える程長引いた低温は、ここに関係しているこころが大きいと思っています。

しかし「燃えるもの」「火」とは、一方で掛け替えのないものです。
日常生活は今、ガス・電気になっていますが、原型の火があってこそ日々の生活が成り立ちます。また、火は浄化であり、自身を燃えつくし再生する不死鳥の如く、人が立ち上がる原動力です。更には、神への燃えるような愛に包まれていることから、天使とは炎の精霊とも言われます。

天使  Angel
怒り  Anger

最後の一文字が異なるだけで、意味も発音も極めて異なるところが不思議ですが、それでも「怒りは天使」だと私は思います。怒りを感じるとき、その蓋の下の感情があります。それに顔を出してもらうことって、決して簡単ではないと思うんです。それは即ち、蓋をせざるを得なかった記憶とその当時の感情に対峙することに他ならないからです。

ただそのタイミング(怒りを感じる)の時、対峙する必要性と苦しさとの決別を促し支えるために、怒りの姿を借りた天使が寄り添ってくれています。怒りがあるとき、そこには天使がいます。あなただけの為に。新たなあなたへの一歩の為に。怒りは感じても大丈夫なのです。



今日も最後まで読んで下さってありがとうございます。

今日も皆さんにとって、その一瞬が掛け替えのない一日でありますように。





ランキングに登録しています^^
皆様のクリックが励みとなります。いつも支えて下さってありがとうございます♪
この記事が良かった!と思われたらポチっとお願いいたします。

スポンサーサイト

大丈夫^^

今日は、このブログの古い記事を読み返してみました。

ちょうど一年前位から、沢山の出来事、沢山の出会いが続いて。
勿論、それまでも同じようにに沢山あったのだと思いますが、まるで自分の中のフィルタが変わったような、目に映るもの、耳に心に響くものが全て変わった・・・そう感じたのが、ちょうど一年前くらい、2009年7月の上旬でした。

そんな思いもあって読み返してみたのですが、
お恥ずかしながら自分でセレクトすると、この記事が一番心に残りました。

信じること

これは自分自身について信じたのでなく、又、今現在、身近にいる人の事でもありません。まぁ正直言って、何があってそこまで無力感に苛まれたのか、まったく記憶にないんですが(^^; げんきんですね)、伝え聞くところによると、本当に大丈夫のようです。どんどんどんどん、その人らしくなっているように感じています。そして私にとっては、そのように思わさせて貰ったことに心から感謝しています。


私はどんな時も、どんな人も「大丈夫」って思いたいんです^^
何回も書くことですが、渦中にいるときは、そりゃ~~大変です。足元ブレブレで心臓バクバク。自分で自分に言い聞かせても、心の芯に届かない。でも、誰かからかけてもらった「大丈夫だよ」で、救われるんですよね。何回もありました。

恐らくこれは、直面している物事が収束することに対して「大丈夫だよ」と言ってもらったからではなく、問題の只中で落ち込んで不安で、自信を失っている状態のときに「あなたはダメじゃない、あなたなら乗り越えられるし、変わらずあなたのことが好きだし、一緒にいるよ」・・・という気持ちが込められているから、がんばろって思えたのだと思います。

All right = 大丈夫
全てが光。

又、オールはフランス語で or =金
「大丈夫」は、金の光でもあります。

でも「大丈夫」って「がんばって」と同様、言う時が難しい。状況によって、そしてお相手の気持ちを考えるとき、口で言えない時もきっとありますよね。もしそういう時も、私は心の中で「大丈夫だよ」って気持ちを届けられればいいなと思います。きっと金色の光が、その人を包んでくれると思うから。



今日も最後まで読んで下さってありがとうございます。

今日も皆さんの一人ひとりが、楽しく健やかな一日でありますように。






ランキングに登録しています^^
皆様のクリックが励みとなります。いつも支えて下さってありがとうございます♪
この記事が良かった!と思われたらポチっとお願いいたします。

魔法の呪文

少し古い話になりますが、ツイッター

>ワールドカップ、本日はデンマーク戦。デンマークと言えば、アンデルセン。童話と神話の対決!!さて結果はいかに(゜.゜)

な~んてつぶやきましたが、結果、神話(日本)の勝利でした^^

その後の決勝トーナメント・パラグアイ戦では、PKで駒野選手のシュートがゴールバーに嫌われて惜しくも敗退・・・。パラグアイは甘味料ステビアの産地として知られています。これは、サムライとJoy(人生の甘み、喜び)の対決だったように思いました。スティービー・ワンダーの名曲にもありますね。Overjoy. 大喜びする、歓喜。この一戦、事実としては敗戦ですが、誰も敗戦と思っていないのではないでしょうか。「サムライ」に「Overjoy」が調和され、新しい何かが確実に息づいていることを私は強く感じます。

それだけでなく、こんなに護られている国はありません。
でもそれは「八百万の神」とあらゆるものに神を見出し、畏敬と感謝の気持ちを捧げ続け、天と地と共に生きてきた我が国の歴史があるからです。この事も、目に見えようが見えまいが確かに継承されていると私は思います。


+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+

さて、話題を変えて今日の本題に参ります^^ 
私事(体験上)の話ですが、少しお付き合い頂ければ嬉しいです。

私は長年ヘビースモーカーでしたが、2年前に禁煙しました。今でも人生の半分以上が喫煙期間です(笑) 何十回と禁煙にトライしては、離脱症状に耐えられず挫折の繰り返し。でも、ある日の一瞬の出来事が最後でした。それは、自分の口からついたこの一言。

「私はもう、(タバコを必要とした)あの頃の自分ではない」


これ、月曜日の朝、出勤の支度でバタバタしてしていたときの事です。
その時ちょうどタバコが切れていまして、朝の一服の後で(笑)、一箱吸い切っていたんですね。

ただし前日に伏線があって・・・こっそり隠れてタバコを吸っていたのを見られて、別に言い訳などしなくてもいいのに「本当のところは私、タバコを止めようと思ってないんだと思う」なんて言葉を搾り出して^^;

この一連の流れ、分析しようと思えば、様々に分析できると思います。
「タバコを吸う自分を、自分で認めた」
「自己肯定感が、一瞬のうちにグっと上がった」
「タバコとタバコに関わる全て・・心理要因も含めてを堪能し尽くした」(陰極まれば陽に転ず)

それも確かに正解だと思います。ただ、当の私が感じるのは言葉の威力です。
よって今日のタイトル、魔法の呪文なのです^^


「もう、あの頃の私ではない」
一見、否定の否定=二重否定ですが、これは肯定です。しかも通常の肯定より格段に強い肯定になります。言葉の雰囲気を感じて頂ければ嬉しいのですが、これを英訳すると

" I am no longer whom I used to be"
" I am " と、高らかに自分を宣言するところから始まります。「~でない」という日本語の響きですが、英語では " I am not" と" 私" を否定する言葉は使用しません。そして" no longer "。

「もはや~でない」という句語ですが、「これ以上長くならない」という直訳の中に、大きな意味が含まれています。一本のライン上に現在、過去、未来があるとする時、「これ以上長くならない」とは即ち、「現在の地点が大切であることに気付いた」という意味を孕んではいないでしょうか。

これは「過去にも未来にも影響されない」に繋がり、過去は癒され、もはや未来を愕かすものではない、というエネルギーを瞬時に伝えてくれた言葉であったのだと思います。このような言葉のエネルギーが厳然と含まれているからこそ、魔法の呪文として今日の記事を書いてみたいと思いました。もし、一歩進んでみたい時、変容に最後の勇気が出ないとき、よかったら口に出して言ってみて下さい。

「もう、あの頃の私ではない」

この言葉が、きっと背中を押してくれることをを、心から願っています。


また、これからも書ける範囲で書いていきますが、私はタバコを始めとする強度の依存や、うつの経験、精神的なものからくる歩行障害と診断された時もあります。精神世界や心理学、霊の世界を知ることで、そして周囲方々のお陰で、生きることにようやく折り合いを付けて来られました。

まだまだ歩いていく日々ですが、せめて今私ができる事はこうやって書くことなので、少しづつ再開していきますね。自身の活動も恐るべきスローペースですが準備中です。またよろしくお願いいたします n(_ _)n


今日も最後まで読んで下さってありがとうございます。

今日も皆さんの一人ひとりが慈しまれていると、そう感じれる一日でありますように。





ランキングに登録しています^^
皆様のクリックが励みとなります。いつも支えて下さってありがとうございます♪
この記事が良かった!と思われたらポチっとお願いいたします。

「共にいる」ということ 【1】

映画『E.T.』・・・1982年6月にアメリカで公開、日本では12月に公開され空前の大ヒットとなった作品です。私にとっては、親に連れられてでなく、はじめて同級生同士(自分達だけで)で観に行った記念すべき(?)思い出の作品でもあります^^; 宇宙人と子供達との交流と絆を描いた作品でした。最後は、"E.T. go home"って、帰っちゃうんですよね 。

12月公開で、この日は寒くて。
でも初日朝から、皆で震えながら映画館の前に並んだんです。寒いのにミニスカートはいて、ストッキング一枚で(しかし、何でここまで覚えているんだろう 汗)、まぁこれも乙女心ですかね。お洒落したいという。

ところで、何故急にこの映画を思い出したのか。
この映画の後半、これまた、私にとって非常ーに!思い出深い台詞があるんです。それは

"Stay"

という、主人公エリオットの一言。


E.T.が故郷の星へ帰る間際、引き止めてもどうしようもないのを分かっていて、でももしかしたら残ってくれるかもしれないと、と最後もう一度だけ、と彼が呟いた言葉です。これを日本語(字幕)で何と訳されていたかというと、

「行かないで」

なんですね。

実は私、この映画を観たあの寒い12月の日から、この訳だけは忘れようにも忘れられません。


"Stay" 

"Stay with me" という歌詞もよく見かけますが、
ここに留まる。ここにいて。私と一緒にいて。私のそばにいて。
直訳するとこのような感じでしょうか。

でも心のオブラートを全部取り除いて、本当の核な気持ちだけを取り出すと

「行かないで」

というシンプルで純粋な想い、切迫した願いになること。
あれから長い年月を経ても、私はいつも深く頷いてしまいます。


+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・

前置きが長くなりましたが、

心に向き合うこと。それは自分の心であっても、誰かの心でも。
または「心」だけでなく、何かと、誰かと向き合うとき。
それは「共にいる」ということなのかもしれない、と思いました。

一昨日、レイキをはじめて体験する友人と共に出向いた、いつもレイキ交流会などでもお世話になっているひーらさんとの会話で教えて頂いたこと・・・「共にいること」「ただ、在ること」・・・心や身体の記憶、痛みや傷に共にいること。レイキはそうしながら手を置いていく。そうすると、それらは「受け入れてもらえた」と、フワっと適切な形で解放、昇華されていくのだと。私はそのレイキのメカニズムを知ろうとして知ろうとして、「共にいること」をせずにいた自分に気付かせて頂きました。ひーさん、いつもありがとうございます。


共に・・・そこから思い出した、遥か以前に感銘を受けた"Stay"。
ここにいて欲しい、共にいて欲しい、わかって欲しい。
自身の、または誰かの気持ち、身体の声でも、それらは「行かないで」と、想像するよりもずっとずっと切実な思いを孕んでいる。これからもこの思いを持ちながら、感情のケアに取り組んでいければと思いました。



今日も最後まで読んで下さってありがとうございます☆

今日も皆さんのそのかけがえのない勇気が、大切な誰かに届く一日でありますように。





ランキングに登録しました^^
皆様のクリックが励みとなります。この記事が良かった!と思われたらポチっとお願いいたします。


皆既日食 2009.07.22

昨日は46年ぶりの皆既日食。昨日はテレビもラジオも、これ一色でしたね^^ こちらは生憎の空模様でしたが、皆さんはご覧になりましたか?周囲も意外と日食フィーバーで、では私も遠慮なくと(笑)、空を眺め続けること約15分(←仕事しろ^^;) 

時折切れる雲のすき間から、数秒、姿を見せてくれたエクリプス(日食や月食の意)。

Eclips 1 in Tokyo

写真の通り、グレーで重たい雲が続いているのに、空から降ってきたエネルギーは、ただひたすらに優しくて、ただ、優しくて、まるで粉雪のようでした。何の恐れもなく、どんな疑いを持つ必要もない。心から安心して「私は愛されている」と実感できる、その限りない優しさ。頂いたメッセージは「何があっても、あなた方を見守っています。」というものでした。

日が月に覆われた、天空のつかの間の宴。
そして、日と月が統合し、「明」るくなりました。

暗い場所に陽がさすことかもしれません。
夜明けが始まるのかもしれません。
もしくは隠されていたのものが、浮き彫りになることかもしれません。

でも私たちは、何があっても見守られている。
そう信じて、自分の足元を見つめ、今ここを存分に生きることを重ねていきましょう。見渡せば、与えられているものだらけ。見渡せば、自分で作り出したものは殆どないことに気付く。

物事をどう捉えるかは、人それぞれだと思います。それぞれの考え、それぞれのプロセス、それぞれのタイミングがあります。「明るさ」については、私は文字通り、明るい気持ちと笑いを大切にしていければと思いました。

明るくいるということは、それだけで、日と月の統合。陰陽和合と創造。
明るさというものは、陰や影を自分に受け容れてこそ生まれ、実践できるものでしょうか。今初めて、私はこの大いなる逆説を噛みしめています。


今日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

今日も皆さんの全てが輝く一日でありますように^^

プロフィール

joyce (ジョイス)

Author:joyce (ジョイス)
人間が生きる、、もっとも自然な姿とはどういうことなのだろう・・・と考え続けています。

私たちは大宇宙、大自然が紡ぐ生の営みの一つ。元来、全てに調和し、生かされている存在。

自身の人生を切り開く力を備えている一方で、数々の恩恵や成長の機会を受け取ることも出来る存在です。

自分の価値を知り、人生を肯定できるよう、皆さんの内にあるストレングス(強さや資質、天分)と弱さ・・光と影ををご一緒に見つめていきましょう。そう、見つめ、慈しむだけで良いのです。そこに価値を置く必要もなく、そこを生きる頼りにしなくても。

知るだけで、そして、湧き出る感情を感じるだけで。これは、とても自主的な行為です。

今を生きる中で感じる義務や、悲しみ、憤り、責任や使命を手放して尚、一人一人の存在は、ただそれだけで静かに輝いています。それでも運ばれていき、体験を余儀なくされることには、私たちは恐らく抗いません(葛藤がありません)。

補足すると、義務や悲しみに「仕立てた」想念が身体や心に残っています。悲しいけど、その方が楽など、自分が手放さないのです。手放しとはその部分、その範疇をいいます。やはり、それぞれに、すべきことは厳然としてある筈です。

そしてその先へ。癒しのその先へ。
自分を表現していきましょう。勝手に表現されていくことにもOKを出しましょう。
私たちは潜在意識が殆どを占める生き物です。認識しない意図があっても当然で、それを信頼することにより、自ら決定することとの相乗で、次のステージへと運ばれていきます。でも、これは違う!?と思ってもいいのです。

表現とは、この現実世界に自分の存在をさらけ出し、他者や社会による知覚、分析や評価の対象となることです。もちろんそこには、賛辞や好意も含みます。自分の殻の中で、自己満足で終わることとは異なります。

(実際的なアーティストになろう!でなく、恐れず全身で自分でいよう!というのが近いです。ただ、さじ加減は必要ですね。爆発的に、暴力的に、自分を押し付けるのはまた違うので。でも失敗を恐れずに!)

他者や社会に自分を開くと、予期しないことも、より起こっていくでしょう。喜び、神秘、驚き、楽しさ、悲しみ、厳しさも、より体験するでしょう。でも、自らの感情や記憶に左右されず、怖れとプライドを手放して、これらの感動に、可能な限りオープンでありたいものです。

尽きることない、呆れるほど豊かな学びがそこにあります。例え今世が、十字架を背負い続ける人生であったとしても。。

それが愛=天意(あい)で、生かされし魂として、神聖なる計画に沿うことじゃないかと思います。でも、真に大切なのは、私たちはどのようにも選んでいいのです。自分で考え、決め、その自覚を持つこと、人のせいにしないことです。

今日は、ご訪問ありがとうございます。お時間ありましたら、ゆっくり遊んで行って下さいね^^

どこまでも自分に正直に忠実に。
Be dutiful
それがその人だけが持つ美しさと輝き・・・Beautiful 

京都府京都市在住
1968年12月12日生

youtube
1日1クリックお願いします
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
ライブラリー
リンク ( Blog & HP)
このブログをリンクに追加する
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
Recommended Books
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2439位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
390位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。