心、魂、身体のこと。一人ひとりの無限の可能性、役割や命の輝き、素晴らしさを見つめていきたいと思います。皆さんのたくさんの願いが叶っていきますように。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Morning Glory ~朝の祝福、自己への宣誓

本日19日早朝の空の風景です。

「暁を浴びろ」というお言葉を頂いて、ベランダに出ると、そこには目にも鮮やかな色彩が広がっていました。

morning glory 2


チャクラの色が、きちんと順番通りにグラデーションされているかのようです。
下から、第1チャクラの黒、赤。
第2チャクラのオレンジ。
第3チャクラの黄色。
第5チャクラの水色。
第6チャクラのインディゴブルー(濃紺)。

第4チャクラのピンクか緑、第7チャクラの紫か透明、もしくは金色があれば、まさに全てのチャクラ。でもこれこそが、私へのメッセージでした。

「ハートを閉じている(第4チャクラ)、自分の神性(聖)を認めていない(第7チャクラ)」
・・・正に、私です。

ハートは、痛みや傷、試練、困難をも受け容れてこそ開きます。それが物質的な限界を超えて、自らの無限の可能性を信じられる自己へと導いてくれます。

ここ数ヶ月続いていたハートチャクラの痛み、ぶり返した左半身の不快感と痛み。
この光景を見て、第4チャクラと第7チャクラの色が抜けていた意味を自分なりに解釈できたとき、その痛みも、先の不安を感じる自分も、後悔している自分も、忘れられないことも・・・
自分の中に受け容れていければ・・・と思いました。


+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・

数秘的に言えば、【4】と【7】は「理知的」「理性的」な数字でもあります。
イメージ(私の勝手な^^;)も挙げれば、ふち無し眼鏡がよくお似合いでシャープな顔立ちのビジネスマンでしょうか。客観的でクール。自分の得意分野が分かっている。結果は必ず残す。
そして共通のキーワードは「成功」「自信」。
う~ん、こう書くとあまり体温を感じませんが、あくまでも特性の一つです。

第4チャクラと第7チャクラというと、霊的側面が強い=思考ではなく感じることと思われるかもしれません。しかしこの2つのチャクラに限らず、魂や霊的なものは、思考や認識といった左脳の働きが不可欠です。

自分自身の長所短所、些細な感情に至るまで、それらに同一化せず「肯定する」「褒める」「反省する」「言い分を聴く」と言った一種のマネージングが大切になってくるのですね(注:同一化する手法も有効です。ケースバイケース、相性によります)。それには自分という存在が、何を思い、何を望んで、どうしたいのかをネガティブな要素も含めて「知り」「受け容れる」ことです。

その繰り返しが、自己肯定感や自尊心を高め、ひいては自己の確立となっていきます。また自己の確立とは、自分の魂で繋がっている状態だと私は解釈していますので、自分の神聖さ、神性を理解していることとも言えると思います。

そしてこれを男性的、女性的と分けるのも適切ではないかもしれませんが、特にハートチャクラはとても女性的だと思っていたけれど、冷静かつ強引、野望、覚悟など男性的なエネルギーも内包しているのだなぁと。でも「覚悟」はどちらでもないかもしれませんね。そう、ハートを開くとは、自分の人生への宣誓なのだと心に落ちた今日の朝でした。


morning glory 1


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。

今日も皆さん一人ひとりが慈しまれていると感じられる一日でありますように。

スポンサーサイト

贈られる幸せ、贈る幸せ

先日、セラピー講座の仲間との忘年会でした。
この一年で何回もお会いできた方、講座終了後初めて! 元気だった!?というお久し振りの方。みんな、一人ひとりがかけがえがない。何より、この日のた~くさんの笑顔^^ 本当に本当にありがとう!!

一緒に幹事を引き受けて下さったCさんと相談し、この日は2つの楽しみを提案しました。
一つは、今年一年の経験、出来事や思いを何でもお話し下さい!というもの。
二つ目は、クリスマスプレゼント♪(Cさんと私で用意し、クジ引きでそれぞれの元へ)


さて、私がご用意したプレゼントはこちら↓
CDとハーブティです。

私、実は雑雑大王なんです(要はすこぶる大雑把)。先日のひぷの文化祭のブースのデコレーションでも、「私も自分で大雑把とは思ってたけど、負けたわ・・・」って、他のセラピストの方に言われたくらい。全体的に、雑なんですね^^; だから、こんな風にプレゼントを選んでラッピングするって、久し振りで新鮮で。あ~、私、こんなことしちゃってる!!って(笑) ちなみに、ハーブティはラッピング前です。


Xmas presents


CDは、クリスタルボウルで演奏されたヒーリングミュージックです。
クリスタルの波動が音色とともに伝わってきて、寝る前、そして瞑想時におすすめです。
まるで、脳の深い部分まで、くまなくクレンジングされるたような感覚でした。抽象的な表現ではありますが「深い部分に響く、届く」音色なので、私には若干身体がだるくなる好転反応がありましたが、一晩たてばスッキリでしたよ^^

倍音浴~Echo of silence~倍音浴~Echo of silence~
(2005/10/25)
牧野持侑

商品詳細を見る



ハーブティは、私が現在勉強しているボイスセラピーの先生のオリジナルブレンド。
ボイスセラピー はるにれ (このサイトは音が出ます)
 
第2チャクラ、第4チャクラ対応です。最近の実体験から分かったことなんですが(一つのケースとして、ご参考になさって下さい^^)・・・

第2チャクラは生きる喜び、人生の甘みのチャクラです。自分らしくいるためには、時に自分に甘く、御褒美を与えてあげることもとても大切です。ただこのチャクラだけ活性(及びバランス良く)しても、第4チャクラが閉じていて、自分の中に取り入れた甘みや楽しみの部分を外側へ放射できないと、詰まるようです。まぁ、そうですよね。入れっ放しだと、詰まりますよね。

この「外側に放射する」とは、「尽くす」「与える」も勿論ですが、「自分が心より喜んでいるか、楽しんでいるか」が、どちらかと言うと近いかもしれません。

このように第2と第4チャクラのバランスが悪いと、エネルギーなど目に見えないものの交換だけではなく、人間関係(コミュニケーションのキャッチボール)や、体内においても血液の流れや、冷え、便秘にも影響があるようです。取り入れた甘みや喜びや楽しさを、存分に感謝して享受して、周囲にも贈っていければいいですね^^ 「存分に感謝して享受して」、この部分・・・境界線が難しい、と感じられるかもしれません(それって、我がまま?って)。私もです。でも、自分にないものは贈れないし放射できないから、頂いていきましょう、感謝して^^

さて、私がこの日頂いたのは、この羊ちゃん。
手でにぎにぎすると、丁度ツボに当たる様に、脚の位置や背中の硬さも計算されているんですよ♪ 表情も可愛くないですか?手のツボ、押すと気持ちいいですものね。ありがとう!


Xmas present


今日も最後まで読んで読んで下さって、ありがとうございました。

今日も皆さん一人ひとりが、慈しまれていると感じる一日でありますように。

天と地を結ぶ人

各チャクラの活性と安定を助ける曲シリーズ、残りのチャクラ(第1、5、6、7)も出揃いました^^ 順次アップしていきますのでお楽しみに♪チャクラは心身への影響が深く、こうした曲に限らず関連する色、その色の食べ物など取り入れるなど意識されていくと必ず変化が起こってきます。今日は他の記事の絡みもあって、まず第5チャクラについて書きます。

第5チャクラ
場所:首の付け根中央部
色:青(水色)

良くも悪くも、繋ぐ、流す、与える、頂くという人間関係の循環(コミュニケーション)と自己表現を司るチャクラで、第2チャクラと密接に関係します。第2チャクラで創造した自分の感情や欲求、または世に送り出すべきギフトの表現をサポートします。それらは第5チャクラで「自分の真実(注:現在の)」というフィルタにかけられて外へ向けて発信されていきます。また対人関係は「循環」でもあるので、自分の表現だけでなく、他者の真実の表現を受け容れることも、このチャクラの重要な性質の一つです。





アヴェ・マリア・・・実はこの選曲は、完全な私のオリジナルではありません。元来天邪鬼な私は、負けじと(^^;他の曲を探してみたのですが、やはりこれに勝る曲はありませんでした。人類の歴史上、最も美しい旋律と私は言いたいこのシューベルトのマスターピース。オーストラリアの歌姫、Mirusia Louwerseからのギフトをお聴きになって下さい。

聖母マリア様は「取り次ぐ方」でもあられます。私たちが持つ願いや望みを天に取り次ぐ御働きをして下さっています。私たちの願いや望みを、その意味をたがえることなく取り次ごうと耳を傾けて下さっているのです。私自身、第5チャクラの性質として心に留めておきたいのは「自らの真実を表現すること」だけでなく、「相手の言葉を性格に理解しようとする心」という点・・・この曲が第5チャクラに関連する最大の理由はここにあると私は思っています。

続きを読む

夢の中のふたり

今日お送りした第4チャクラを助ける曲、「Nobody loves me like you do」。
邦題は「夢の中のふたり」。

先の記事では説明が足りていませんでしたが、1985年のホイットニー・ヒューストンのデビューアルバム「そよ風の贈り物」(原題は"Whitney Houston" ? )に入っている1曲です。このアルバム、ジャケットのホイットニーの素晴らしくスレンダーな肢体とパンチのある歌声 ・・・この声で一本勝負!みたいな限界まで聴く人の心を震わせる声・・・にノックアウトされたのを覚えています。

歌詞がとても素敵なので、いつもの如く拙い意訳ですがシェアさせて頂きたいと思いました。「夢の中のふたり」・・・私はこの邦題のセンス、大好きですね。分かる気がします。きっとこの二人、現実に出逢う前から夢の中で逢っていたのではないでしょうか^^

Like a candle burning bright, love is glowing in your eyes.
A flame to light our way that burns brighter everyday.
Now I have you.
Nobody loves me like you do

眩しく燃えるキャンドルのように、あなたの瞳の中、愛が育っている。
日々輝いてゆく二人の道を照らす情熱の炎。
今、あなたが私の傍にいる。
私のすべてを愛してくれるあなたが。

Like a leaf upon the wind, I could find no place to land.
I dreamed the hours away and wondered everyday.
Do dreams come true.
Nobody loves me like you do.

私は風を滑る一枚の葉だった。どこにも行き場を見つけられなくて。
長い間、私はあなたを夢に見た。そして毎日思ったわ。
どうぞ願いが叶いますようにって。
そして、それは叶ったの。
誰よりも私を愛してくれるあなたに、出逢えたから。

続きを読む

あなたが思うよりずっと

さて、先日の記事では第2チャクラに効く歌として、氷室京介さんのKISS ME を挙げましたが、当初は、この曲の方がより第2チャクラかなぁ・・・と思っていたんです。ただロマンス溢れるラブバラードなので、こりゃ第4・ハートチャクラ性が強いとするのが自然だと思い、この度の選曲となりました(youtubeはこの記事の最後に貼っています。すいません、引っ張ります^^; もう少し読み進んで下さいね)。

第4チャクラ
位置:心臓、もしくは胸部の真ん中
色:ピンク、黄緑色

このチャクラ、私の見解では、一言で言うと「信じる気持ち」だと思っています。私たちが無意識に枠を決めていること。それは可能性や成功、自分自身への愛情、もちろん大切な人への愛情。私たちは自分で思う以上に可能性を持ってます。愛する心に溢れているし、そして愛されています。

愛する心は、そのまま愛されている心。言葉に行動に、愛を乗せていきませんか。無償の愛や条件の無い愛って、親から子だけではなく、パートナーや恋愛関係だけでもなく。もっと身近に、もっとたくさん、自分が思いもよらない程の愛情が溢れています。

信じる気持ち・・・行動を後押しする「勇気」を創造してくれます。

あと大事な点としては、中心のチャクラであるということです。
他のチャクラと協調し、全体のバランスを取るチャクラです。よって他のチャクラの影響も受けて本当に傷つきやすいチャクラなのです。。。こまめに、お手入れ(話しかけたり、ピンク、緑を身に着けたり・・かな)してあげて欲しいチャクラです。

☆このチャクラが活性すると(及びキーワード)
無償の愛、慈悲、受容、母性、一休み(忙しい日常の方は是非、このチャクラを♪)自分自身と相手への信頼、大いなるもの(自然など)へ委ねられる、良い意味で諦めがつく、芸術性を高める、体調や感情の流れがスムーズになる、循環、調和、他人との健康的な距離感、忍耐力、継続する力の強化。


☆このチャクラが停滞すると(及びキーワード)
憎しみ、怒り、嫉妬、不平、不満、自分自身や周囲の人を受け容れられない、信じることができない、傲慢、劣等感、脂っこいものの過剰摂取、血液や血行障害、風邪を引きやすくなる、免疫力の低下、他人の感情に同化し過ぎる、他人へのコントロール、短気、怒りっぽい。


続きを読む
プロフィール

joyce (ジョイス)

Author:joyce (ジョイス)
人間が生きる、、もっとも自然な姿とはどういうことなのだろう・・・と考え続けています。

私たちは大宇宙、大自然が紡ぐ生の営みの一つ。元来、全てに調和し、生かされている存在。

自身の人生を切り開く力を備えている一方で、数々の恩恵や成長の機会を受け取ることも出来る存在です。

自分の価値を知り、人生を肯定できるよう、皆さんの内にあるストレングス(強さや資質、天分)と弱さ・・光と影ををご一緒に見つめていきましょう。そう、見つめ、慈しむだけで良いのです。そこに価値を置く必要もなく、そこを生きる頼りにしなくても。

知るだけで、そして、湧き出る感情を感じるだけで。これは、とても自主的な行為です。

今を生きる中で感じる義務や、悲しみ、憤り、責任や使命を手放して尚、一人一人の存在は、ただそれだけで静かに輝いています。それでも運ばれていき、体験を余儀なくされることには、私たちは恐らく抗いません(葛藤がありません)。

補足すると、義務や悲しみに「仕立てた」想念が身体や心に残っています。悲しいけど、その方が楽など、自分が手放さないのです。手放しとはその部分、その範疇をいいます。やはり、それぞれに、すべきことは厳然としてある筈です。

そしてその先へ。癒しのその先へ。
自分を表現していきましょう。勝手に表現されていくことにもOKを出しましょう。
私たちは潜在意識が殆どを占める生き物です。認識しない意図があっても当然で、それを信頼することにより、自ら決定することとの相乗で、次のステージへと運ばれていきます。でも、これは違う!?と思ってもいいのです。

表現とは、この現実世界に自分の存在をさらけ出し、他者や社会による知覚、分析や評価の対象となることです。もちろんそこには、賛辞や好意も含みます。自分の殻の中で、自己満足で終わることとは異なります。

(実際的なアーティストになろう!でなく、恐れず全身で自分でいよう!というのが近いです。ただ、さじ加減は必要ですね。爆発的に、暴力的に、自分を押し付けるのはまた違うので。でも失敗を恐れずに!)

他者や社会に自分を開くと、予期しないことも、より起こっていくでしょう。喜び、神秘、驚き、楽しさ、悲しみ、厳しさも、より体験するでしょう。でも、自らの感情や記憶に左右されず、怖れとプライドを手放して、これらの感動に、可能な限りオープンでありたいものです。

尽きることない、呆れるほど豊かな学びがそこにあります。例え今世が、十字架を背負い続ける人生であったとしても。。

それが愛=天意(あい)で、生かされし魂として、神聖なる計画に沿うことじゃないかと思います。でも、真に大切なのは、私たちはどのようにも選んでいいのです。自分で考え、決め、その自覚を持つこと、人のせいにしないことです。

今日は、ご訪問ありがとうございます。お時間ありましたら、ゆっくり遊んで行って下さいね^^

どこまでも自分に正直に忠実に。
Be dutiful
それがその人だけが持つ美しさと輝き・・・Beautiful 

京都府京都市在住
1968年12月12日生

youtube
1日1クリックお願いします
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
ライブラリー
リンク ( Blog & HP)
このブログをリンクに追加する
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
Recommended Books
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2268位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
363位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。