心、魂、身体のこと。一人ひとりの無限の可能性、役割や命の輝き、素晴らしさを見つめていきたいと思います。皆さんのたくさんの願いが叶っていきますように。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月とは・・・

いよいよ8月に突入しましたね。本当に一年は早い^^;
もうすぐ立秋です。

ゴールディン・ウィーク直前まで長く続いた低温。そして今度は猛暑、酷暑。
まだ暑い日が続くのでしょうが、どうぞ皆さんお身体には気を付けて夏を楽しみましょう~。

さて、8月。
8の数字には、豊かさ、目標到達、具現化、闘い、栄える・・・などの意味があります。末広がりとも言いますし(漢字の八は、末が広がっていますね)、数字は横にすると∞(無限大)です。後、季節的にも、太陽、ひまわり、情熱(Passion キリストの受難)からも、キリストにも繋がりが深い数字です。キリストは太陽霊(神)ですし、ひまわりは天高く花を広げたあと、頭を垂れ種を大地に蒔きます。他者愛・奉仕を象徴する花です。7月26日からヤマ暦も始まっていますので、新たに目標を立てるのもいいと思います^^

さらに、8月10日はハートの日。
8月20日はハーツ( Hearts, Heart to Heart) の日。
ハートに想うこと、大切にしたい月です。
もちろん、これはいつでも大切にしたいことですが、特に・・・


ということで、何回かアップしている写真ですが、ハート×3です♪

high heart



heart shape cream



Heart shape made by trees


 
どうか、皆さん一人ひとりのハートへ届いてゆきますように。
You're the beloved. Every one of you.


今日も最後まで読んで下さって、本当にありがとうございます。





ランキングに登録しています^^
皆様のクリックが励みとなります。いつも支えて下さってありがとうございます♪
この記事が良かった!と思われたらポチっとお願いいたします。

スポンサーサイト

愛と感謝と ~2、2、2、2、2 

今日は平成22年2月22日。見事な【2】並びの日です。
西暦でも2010年2月22日となり、0、1、2と綺麗にスッキリ並ぶ気持ちの良い1日になりそうです^^

平成暦でこのようにすべてが同一の数字で並ぶのは今日が最後で、西暦では次回は2222年2月22日・・・もう少し甘くすると、次回は2022年2月22日、この日に数字がほぼ並ぶこととなります。

さて、この【2】ですが、2010年自体が、【10】(始まり、創造+強調の霊的素数0)を【20】(受け入れる+強調の霊的素数0)で、数秘的観点では、変容や変革、古いものが流れ新しい価値観など、その始まり(芽)に気づいていきましょうという年です。再生・・・ルネサンスの時期ですね。

霊的素数がありますので、「気づく」よりも「敏感に」なりましょうというメッセージもあるかと私は思っています。このように【2】の性質として、受容、調和(バランスを取る)。協力(する、してもらう)。頼る、頼ってもらう。感謝。存在を認め許す、というものがあります。対人関係やコミュニケーションにも関連が深い数字です。

今日は今一度、周囲にいてくれる方々に想いを及ばせる良き一日であろうかと思います。
もちろん今日の一日に拘る必要はないのですが、もし「この一日、タイミングを逃した!」と思う気持ちが強いなら、そこにあるものが、この日の数字が意味するものよりも更に大切なオリジナルの気づきです。


どんなに楽しい出来事も、ワクワクする思いも、達成感や充足感も、
一緒に笑ってくれて、喜んでくれる人がいるから。
それを伝えたい!と、分かち合って欲しい!と思える人がいてくれるから。

底まで突き落とされた時、
そっと掛けてくれた一言や、何とか伝えようとしてくれた想い。
その時は、受け入れると心が壊れそうで、ありがとうが言えなくて
・・・など、そんなことや、

自分が何気なくしたこと、掛けた言葉に
心から喜んでくれる人がいて、反対に嬉しくなってしまったこと。


そのようなこと、様々に。
ゆっくりと、周囲の方々の存在に、心や想いを及ばせてみませんか?^^



今日も最後まで読んで下さってありがとうございます。

今日も皆さんのすべてが輝く一日でありますように。





ランキングに登録しています^^
皆様のクリックが励みとなります。この記事が良かった!と思われたらポチっとお願いいたします。



4、4、3、2 ??

てっ辺にだけ、残っていた葉達がとてもアート!!
 
この規則正しさ、がんばって「気をつけ!」してる小学生みたいで可愛くないですか?

ii-kanji

今日のタイトル、4、4、3、2
左から、残っている葉の数です。


着実に一歩ずつ準備を重ねていきましょう=ダブル4(4の強調)。

自分の気持ち、個性や本質=3 を大切に。自分の歩く道を信じて。

2= 大切な人たち、愛しい人と繋がっていきます。


普遍的なメッセージでもありますよね^^


実は、今まで私が最も苦手としていたのがこの【4】という数字。

段取りや準備、計画。バランスの良さ。均衡、安定。バートナーシップという意味もあります。
私、準備というものが昔から大嫌いで(今は、何とか大丈夫になりつつ・・・)、でも今年は、この数字に関係するものや人と御縁があり、かなり好きな数字に変わってきました。



今日も最後まで読んで下さってありがとうございます。

今日も皆さんの勇気が、大切な人に届く一日でありますように。

数字【7】

7・・・「7つの大罪」(ブラット・ピッド主演で映画「Seven」の題材にもなりました)、最近では、ウィル・スミス主演の「7つの贈り物」も「罪」が題材の映画でした。他にも、「7つの海」「7つの大陸」「7つの道」、そして虹の7色、チャクラの数も7つです。

精神性や神性の求道、古代の智慧、幻想的・哲学的なもの、宗教・信仰(キリスト教)が、まず浮かぶ「7」のイメージです。虹も「幻のような夢、有り得ないこと≒奇跡」という意味がありますしね。私が祭事に従事し、また信仰に深く帰依し、非常に罪悪感が強い過去世がいくつかありますので、その影響が強い感は否めませんが(^^;; ※現在は、特定の宗教や信仰はありません。

数字は、古くから私たち人間の身近に存在してきました。それだけに発するエネルギーも強く、意識し始めれば受け取る側のアンテナも鋭くなってきますし、最終的にはキリがなくなります。よって取り扱い注意のモチーフですが、敬意を持つことを忘れなければ(これは数字に限らず)、想像以上にパワフルで、人生の節目節目をサポートするインスピレーションを与えてくれます。

ただ、この数字というもの、私たちの日常生活に密着しているので(時間や金額など)、メッセージとして使い易い部分もあると思います。誕生日数だけでなく、時間、電車の時刻、ホテルの部屋番号、飛行機の便名、座席番号など、いくらでも適用が効くのでそれこそキリがありません。それに一つ一つ意味付けしていったり、ひいては依存になると、相応する存在が発信元になってきますので注意して下さい^^

書籍としては、こちらがお勧めです。
私は、自分でも何となく気が付いていてもボンヤリしていた、または見て見ぬ振りをしていた(!)深い部分を言い当てられドキっとしました。加えて、人生の大局に関する法則も書かれており、目から沢山のウロコがはがれた一冊です。何度読み返しても、これを理解するにはどれ程の道のりなのかと、毎回思わざるを得ない深遠なる内容です。

「魂の目的」ソウルナビゲーション―あなたは何をするために生まれてきたのか「魂の目的」ソウルナビゲーション―あなたは何をするために生まれてきたのか
(2001/08)
ダン ミルマン

商品詳細を見る


さて、「7」について続きます。
続きを読む

Reneissance, part 2

2009年中に先生について勉強したいことの一つに、数秘があります。これまでは、本で得た知識のみで、自己流で友人達へプチセラピーなどやってきましたが、それも限界と物足りなさを感じ始めました。一つの数字に対して、どこまでイマジネーションを膨らませることができるか。基本はここだと思っていますので、これから更に、数字と向き合う時間も楽しんでみます^^

個人的な考えでは、数秘も基本を除いてルールは無いと思うんです。どの数字にも相性が良い数字があり、特に非常に関連が強い「裏数字」があるというのが私の見解です。その裏数字もシチュエーションにより変わってきます。

だからこそ、直感とイマジネーション、インスピレーションを頂いているという謙虚な気持ち、そして柔らかい頭(これが苦手です!私、頭ガチガチなので^^;;)。でも・・・これは数字だけに限らず、カラー、タロット、アロマ、クリスタル、これらすべてに当てはまることかもしれませんね。

先月、数字に関して興味深い出来事が続いた一日がありました。
7月ということもあってか、とにかく「7」が私の周囲に集まっていた頃です。この「7」、実は私にとっては憧れの数字なんです。

実際、私の誕生日数には含まれていませんし、私にはどうあがいても手が届かない、無縁の数字と感じてました。だから7を目にする度にとても嬉しかったのですね。「7」についての説明・見解は次の別エントリーで書く予定です^^ 


7月13日、ボイスセラピー講座のため名古屋へ向かいました。

The seven

続きを読む
プロフィール

joyce (ジョイス)

Author:joyce (ジョイス)
人間が生きる、、もっとも自然な姿とはどういうことなのだろう・・・と考え続けています。

私たちは大宇宙、大自然が紡ぐ生の営みの一つ。元来、全てに調和し、生かされている存在。

自身の人生を切り開く力を備えている一方で、数々の恩恵や成長の機会を受け取ることも出来る存在です。

自分の価値を知り、人生を肯定できるよう、皆さんの内にあるストレングス(強さや資質、天分)と弱さ・・光と影ををご一緒に見つめていきましょう。そう、見つめ、慈しむだけで良いのです。そこに価値を置く必要もなく、そこを生きる頼りにしなくても。

知るだけで、そして、湧き出る感情を感じるだけで。これは、とても自主的な行為です。

今を生きる中で感じる義務や、悲しみ、憤り、責任や使命を手放して尚、一人一人の存在は、ただそれだけで静かに輝いています。それでも運ばれていき、体験を余儀なくされることには、私たちは恐らく抗いません(葛藤がありません)。

補足すると、義務や悲しみに「仕立てた」想念が身体や心に残っています。悲しいけど、その方が楽など、自分が手放さないのです。手放しとはその部分、その範疇をいいます。やはり、それぞれに、すべきことは厳然としてある筈です。

そしてその先へ。癒しのその先へ。
自分を表現していきましょう。勝手に表現されていくことにもOKを出しましょう。
私たちは潜在意識が殆どを占める生き物です。認識しない意図があっても当然で、それを信頼することにより、自ら決定することとの相乗で、次のステージへと運ばれていきます。でも、これは違う!?と思ってもいいのです。

表現とは、この現実世界に自分の存在をさらけ出し、他者や社会による知覚、分析や評価の対象となることです。もちろんそこには、賛辞や好意も含みます。自分の殻の中で、自己満足で終わることとは異なります。

(実際的なアーティストになろう!でなく、恐れず全身で自分でいよう!というのが近いです。ただ、さじ加減は必要ですね。爆発的に、暴力的に、自分を押し付けるのはまた違うので。でも失敗を恐れずに!)

他者や社会に自分を開くと、予期しないことも、より起こっていくでしょう。喜び、神秘、驚き、楽しさ、悲しみ、厳しさも、より体験するでしょう。でも、自らの感情や記憶に左右されず、怖れとプライドを手放して、これらの感動に、可能な限りオープンでありたいものです。

尽きることない、呆れるほど豊かな学びがそこにあります。例え今世が、十字架を背負い続ける人生であったとしても。。

それが愛=天意(あい)で、生かされし魂として、神聖なる計画に沿うことじゃないかと思います。でも、真に大切なのは、私たちはどのようにも選んでいいのです。自分で考え、決め、その自覚を持つこと、人のせいにしないことです。

今日は、ご訪問ありがとうございます。お時間ありましたら、ゆっくり遊んで行って下さいね^^

どこまでも自分に正直に忠実に。
Be dutiful
それがその人だけが持つ美しさと輝き・・・Beautiful 

京都府京都市在住
1968年12月12日生

youtube
1日1クリックお願いします
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
ライブラリー
リンク ( Blog & HP)
このブログをリンクに追加する
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
Recommended Books
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
3916位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
615位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。